トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

並行輸入品と正規輸入品の違いは何?

スポンサードリンク

ネットなどで海外メーカーのブランドの洋服やアイテムを買おうと思った場合、「並行輸入品」などと記載されていることが多いですよね。

しかも、こういった表記はとても安くで購入できる場合に書かれている気がします。
ところで、この並行輸入品の意味は皆さんはご存知でしょうか。

並行輸入品は正規輸入品とはどう違うのでしょうか。

469017866cb072aa79b03c18a918e559_s

こういったことを頭に入れておくとさらに買い物の時に役に立ちそうですよね。
今回はこの並行輸入品、正規輸入品の違いについてご紹介したいと思います。

ただ何となく「並行輸入品=偽物」と思っている方はいませんか?
実はそうではありません。
正確な意味をこの機会にぜひ把握してみてくださいね。

正規輸入品は正規代理店が輸入するもの

まず、正規輸入品というものはどういったものなのかご紹介したいと思います。
まず、正規輸入品。こちらは、名前の通り正規の輸入方法で輸入した商品です。

メーカーからまず、日本の正規代理店が輸入を行いそして、国内の正規販売店へ商品が流れるといったルートになります。

こうした正規のルートをたどって商品が動いていきますので、当然価格などはあまり下がりません。
正規販売店や百貨店などで並べてあるのはこちらの正規輸入品ということになります。

こちらの正規品は、ご購入後になんといっても安心したメンテナンスを受けられるというのが特徴ですし、さらに偽物なのでは?と疑う必要はありません。

ただその代わり価格は「定価」になっています。
安心と信頼を得たい場合は、この正規輸入品を購入することをおすすめします。

そして、並行輸入品。こちらですが、どういったものなのでしょうか。

まず、こちらの並行輸入品は、正規のルートではないという輸入ルートをたどっています。
正規輸入品に対し、ライバル関係にあるというこちらの並行輸入品は、簡単に言うと海外で流通する予定だった商品を現地の業者などが購入、そして日本の並行輸入商社へ輸出されるというものをいいます。

ですので、製造されるところは正規も並行も同じとなっていますし、まったく同じ商品なので本物ではあるのですが、流通ルートが違うということになります。

並行輸入品はリーズナブルな値段で入手できる

ですので、正規に比べて非常にリーズナブルな値段で手に入れることができるのが特徴です。

しかし、デメリットは、正規品とは違い、故障などがあったとしても正規販売店では修理をしていない場合もありますし、説明書が英文のみだったりということがあります。

しかし、最近では、しっかりと修理やメンテナンスを請け負う業者が増えてきたようなので安心して購入することができます。
最近では、同じものをとても安く買うことができるため、並行輸入品の需要は非常に高まっています。

いかがでしたでしょうか。

なんとなく、並行輸入品、と聞くと「偽物なのでは?」と考える人も多そうですが、実はそうではなくれっきとした同じ商品を違うルートで輸入しているというだけのことなんです。
色々とデメリットもありますが、価格などを重視する場合は、こういった並行輸入品を購入することをおすすめします。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top