トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

危険な添加物入りの「冷凍食品」を安全に食べる方法

スポンサードリンク

冷凍食品を食べている方は今の時代、大変多いと思います。
今は共働きの家庭も多く、また現代は個食の時代、といわれています。
こういった現代の食生活の中で、冷凍食品は切っても切り離せない便利なものです。

お弁当に入れたり、ちょっとお昼ご飯に使ったり…忙しいお母さんや忙しい現代人にはまさに欠かせないものとなっていますよね。

e6d5fdc0602f6f4dc90abe295483906e_s

最近の冷凍食品は味も美味しいですし、普通のお惣菜と遜色がない仕上がりになっていることも多いです。冷凍食品を使っていないという家庭はまずないのでは?とまで思ってしまいますよね。

しかし、こちらの冷凍食品、添加物などが気になるところですよね。
実は冷凍食品には添加物がたくさん含まれており、その中には危険なものも実は入っているようです。
中国産のものを食べなければ大丈夫だろう…と安易に考えていませんか?

子供たちも食べたりするものなので、こういった危険な添加物は避けたいですよね。
しかし、冷凍食品は使いたい…という方のために、今回は危険な添加物入りの冷凍食品を安全に食べる方法をご紹介します。

どういったものが危険な添加物なのか?

たとえば、どういったものが危険な添加物なのか?ということですが、原材料名の表示にある添加物のうち危険なものは「亜硝酸塩」「リン酸塩」「エリソルビン酸ナトリウム」「増粘多糖類」などになります。こちらの添加物は危険、といわれています。

なので、これらがたくさん入っている冷凍食品は避けることをお勧めしたいと思います。たとえばこれらはポテトやウインナーの中に含まれていることが多いようです。

さらに、もしも輸入物の冷凍食品の場合ですがこちらは、遺伝子組み換え食品の不安などがあります。
たとえば、「馬鈴薯(ばれいしょ)」や、「なたね油」は遺伝子組み換え食品である可能性があるようです。

さらに、こういった輸入食品においては、農薬の問題もあります。
まずは農薬の分析などがきちんと行われているかどうかということも頭に入れておいた方が良いでしょう。こういった輸入食品には農薬の残留などの危険性があると言われています。

環境ホルモンは要注意

さらに、環境ホルモンの問題もあります。
たとえば、トレイがポリプロピレンという物質でない時はこちらのトレイごと電子レンジで加熱すると、なんと環境ホルモンが溶け出るといった危険があります。

こういった環境ホルモンの問題がありますので、危険を避けるには、まずは冷凍食品はそのまま温めて食べられるものであったとしても陶磁器の皿、またはポリプロピレンの電子レンジ用の容器に移して、加熱することをおすすめします。

袋の原材料名の表示を確認

まとめると、どうすればこれらの危険な添加物を避けて安全に冷凍食品を食すことができるのか?ということですが、まずは冷凍食品を購入する場合は袋の原材料名の表示などを必ず確認することです。
そして添加物がどういったものなのかをきちんとチェックすることです。

さらに、輸入物の冷凍食品の場合も同じです。きちんと遺伝子組み換えの食品ではないか、ということを調べたり、さらには輸入物の場合は農薬の残留のことを頭に入れておきましょう。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top