トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

酵素と酵母の違いをわかりやすく解説します

スポンサードリンク

ダイエットや美容に良いということで、話題に上ってくるのが「酵素」ですよね。

酵素ドリンクでのプチ断食などで、
体重のコントロールを行う人は多いのではないでしょうか。

そんな酵素とよく似ているものが「酵母」です。
こちらも、“天然酵母を使ったパン屋さん”など、よく聞く言葉です。

言葉自体は似ている酵素と酵母は、どんな違いがあるのでしょうか。
それぞれにどんな効果があるのかも、改めてまとめてみました。

146939

酵素とは?

酵素というのは、私たちの体の中に存在しているたんぱく質のことです。
食べ物の栄養素を消化吸収したり、代謝を行ったり、体を動かすためにも酵素が必要です。

酵素は、体内で作られてはいますが、年齢と共にその量が減ってくることによって、
痩せにくくなったり代謝が悪くなったりなどの影響が出てくるのです。

野菜や果物にはたくさんの酵素が含まれているので、
積極的に食べることで酵素を体内に補給することができます。

しかし、熱に弱いという特徴があるので、生絞りのスムージーや
ダイエット用の酵素ドリンクなどで生の酵素を取り入れて、
ダイエットや美容に活用する人が多くなってきています。

酵母とは?

体内に存在しているたんぱく質である酵素に対して、酵母はとても小さな生物。
あらゆる場所に存在していて、私たちの肌や、土や植物など幅広いのが特徴です。

また、糖分と反応すると“アルコール”を作り出す働きを持っているので、
お酒や味噌、しょうゆなどを作るときにも用いられています。

さらに、酵母の最大の特徴というのが、酵素を生み出す働きを持っていることです。
たくさんの酵素を効率よく生み出すことができるので、
酵素の入った製品を作り出すときにも役立っています。

美容と健康にいいのは酵素と酵母のどちら?

体内のあらゆるはたらきに欠かせない酵素と、酵素を生み出すこともできる酵母は、
どちらのほうが美容と健康に対する効果が高いのでしょうか。

酵素は、ダイエット用の酵素ドリンクやスムージーで
壊れにくい状態で取ることができますが、それでも、胃酸などで壊れる可能性があります。

それに対して酵母は、こうした外からの刺激に非常に強いので、
体内で酵素をしっかりと生み出してくれます。

酵素ドリンクなどを飲んだけれど、あまり効果を感じられなかった…という方でも、
酵素のはたらきを補う意味で酵母を含んだサプリや美容アイテムを取り入れたりすると、
美容と健康への効果がグッと高まるのではないでしょうか。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top