トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

GDPとGNPの違いをわかりやすく解説します

スポンサードリンク

GDPとGNPの違いとは何ですか?と聞かれて、スムーズに答えられる人がどのぐらいいるでしょうか。

知らない、わからないでは済まされないですよね。
そこで、GNP(国民総生産)とGDP(国内総生産)の違いを、今回は分かりやすく解説したいと思います。

3845ca83bede79c6e657449cbfe7cb05_s

まずは、GDP=国内総生産のことです。Gross(全体)、Domestic(国内)、Product(生産)です。
こちらは、日本人や外国人、またはその企業などが、日本国内で日本国内の商品や不動産だったりなどを「国内」で買った総額のことを指します。

そして、GNP=国民総生産のことです。Gross(全体)、National(国民)、Product(生産)です。

こちらは、同じように商品や不動産などを、「国内」や「国外」などを問わずに「日本人」とその企業が、買った総額のことを指します。

GDPとGNPの違いは「国内」と「国民」

このことから、GDPとGNPの違いというと、「国内」かであるか「国民」であるかの違いとなります。

つまりは、外国人が日本国内で消費した額なども算入して、あくまで「国内のみ」での消費としているのが「GDP」。
(日本人が外国において消費したものは算入しません)

その逆が「GNP」です。つまり、国内、国外などを問わずに、日本人が消費した総額というものが「GNP」となります。
(外国人が日本で消費したものは算入しません)

以前までは、どちらかというとGNPをより重視しており、政府もこちらの統計を発表していていました。しかし、統計をとる場合に簡単ですし、さらに現実的であることもあって、最近は、GDP=国内総生産を発表するのが主流となっています。

GDPは日本国内で稼いだ金額、GNPは日本人が稼いだ金額

要するに、GDPは日本国内で稼いだ金額であり、GNPは日本人が稼いだ金額となります。
分かりやすい例をあげてみます。
たとえば、海外で活躍しているイチローの年俸は、GNPに含まれますが、GDPには含まれません。
こういったことになります。

さらに、わかりやすく言うと、GDPとGNPの違いはというと、
「日本という国(土地)の中にいる人が、どれぐらい稼いで消費しているか?」というのがGDPです。
そして後者が「世界のあちこちに散らばっている人たちも含めて、日本人がどれくらい稼いで、そして消費してるか?」というのがGNPなんです。

そういうわけで、GDP、GNPである、国民総生産、そして国内総生産どちらも日本という国の豊かさを示す指標となっています。

最近ではアベノミクスでこちらのGDPが大幅に下落しているということでニュースなどで話題になっていますよね。
このように、今はGDPで示すのが一般的となっています。

いかがでしたか?
国民総生産と、国内総生産の違い、知っているようで実はよくわかっていない、という方もいらっしゃると思います。
誰かに質問されてもすぐに答えられるように、一般的な常識として頭に入れておくべき事柄なので理解しておいてくださいね!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top