トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

時差ぼけの症状 簡単にできる5つの治し方

スポンサードリンク

楽しい海外旅行。しかし、現地で困るのが、時差ぼけです。

眠気が襲ったり、体調が悪くなったり、
苦しんだ経験がある人も少なくないのでは?

124348

そこで、時差ぼけの症状を簡単に治せる方法をご紹介したいと思います。

時差ぼけが起きる原因

時差ぼけ(時差ボケ)は、渡航先の現地時間とタイムラグが生じることで、
人の体内時計が狂ってしまうことをいいます。
たとえば、昼に飛行機に乗って現地に着いたときは朝というとき。
身体は寝る時間であるため、眠くなってしまうのです。

時差ぼけになりやすい国

これは日本との時差と飛行時間で決まります。

たとえば、アメリカの西海岸やハワイと日本の時差は
-17時間から19時間ほどです。

飛行時間は7時間から9時間ほどなので、
昼夜が逆転した感覚になり、
体調がおかしくなってしまうのです。

一方、ヨーロッパの場合、日本との時差は-9時間です。
飛行時間は約12時間なので、機内できちんと睡眠を取れれば、
体調を整えることができるのです。

時差ぼけの症状

「昼間にずっと眠気が続く」
体内時計は夜だと認識しているのに、
現地が朝だと、眠気がとれません。

「夜なかなか眠れない」
反対に、体内時計が朝だと認識しているのに、
現地が深夜だと、眠れなくなります。

「頭痛やめまいに悩まされる」
体内時計が狂うことで、頭痛やめまいが起きます。
また、吐き気が起こることもあります。

時差ぼけ解消のための5つの対策

①「日本を発つ時に時計を現地の時間に合わせる」
これによって、機内で睡眠のタイミングを知ることができます。

②「機内食を規則正しい時間に食べる」
食事を時間に合わせて摂ることで、体内時計を調整することができます。

③「機内ではできるだけ水分を摂る」
脱水状態になると時差ぼけがひどくなるため、水分はこまめに補給しましょう。

④「太陽の光を浴びて、身体に朝が来たと教える」
人は、朝日を浴びると、脳に朝が来たことを教えることができます。

⑤「どうしても眠れないときは睡眠薬を飲む」
眠れないときに備えて、睡眠薬を持参するというのもいいでしょう。

無理やり現地の時間に合わせ、眠らないという方法もありますが、
かえって体調を崩してしまうことがあるので、できれば避けましょう。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top