トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

図星の語源は?調べてみたら意外な事実が判明

スポンサードリンク

「ぴたりと言い当てられる」ことを「図星」と言いますよね。

でも、不思議に思ったことはありませんか?

言葉の意味から考えても、「図」も「星」も全く関係ないように思えます。

にもかかわらず、なぜ「図星」というのでしょうか?

jisyo

図星の語源は弓道から生まれた!?

「図星」という言葉は、実は弓道から生まれた言葉です。

そう、弓で的を射る競技ですね。
弓道と図星に何の関係があるのか?
それは的が関係しています。

弓道の的は三重の黒丸が描かれていますよね。
的全体を「図」、中央の黒い部分を「星」と言います。

弓道はこの「図星」に狙って、矢を「ぴたりと当てる」競技です。
このことから、考えていることを当てるのを
「図星」と言うようになったのです。

鍼灸のツボから来た説もある

「図星」の語源には別の説もあります。

それはハリの用語から来たというものです。

鍼灸の用語では、身体のツボとされる部分を墨でつけた点のことを
「図星」と言います。

このことから、「急所を刺す」→「ぴたりと当てる」
という意味になったというわけです。

ちなみに、同じ星の付いた言葉に
「目星」という言葉もありますが、
もともとは「目印」と同じ意味で使われていたようです。

「目星をつける」は「見当をつける」の意味ですが、
この言葉は、近代になってから使われるようになったそうです。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top