トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

脱毛クリームと除毛クリームの違いをわかりやすく解説します

スポンサードリンク

「脱毛クリーム」というものは、実は存在しません。
クリームタイプのものはすべて「除毛クリーム」になります。

除毛とは皮膚表面に出た部分の毛を取り去ることを指します。
除毛クリームは目に見える部分のムダ毛のみを取り除くクリームです。

脱毛クリームは誤った呼び方

脱毛クリームと呼ばれる物は除毛クリームのことを指しており、これは誤った呼び方なのです。

製造元も脱毛クリームとは呼んでおらず、除毛クリームとして販売しています。

一方脱毛とは、毛を毛根から抜くことを指し、

エステなどの脱毛=脱毛
医療レーザー脱毛=永久脱毛

このような種類がありますが、内容に関しては一番大きな違いは効果です。

エステ脱毛は効果はなし

医療レーザー脱毛は、毛の生えてくる細胞をレーザーで破壊するという国家資格が必要な行為ですので、施術完了後は生えてくることがほぼありません。

そしてエステ脱毛ですが、はっきり言うと効果はありません

エステサロンでは医療行為の脱毛に替わり、脱毛効果のない制毛・抑毛を「脱毛」であると謳っているのです。
脱毛行為を行うには、医師免許が必要です。

厚生労働省の通達により、医師免許を持たない場合の脱毛行為そのものが禁止されていて、それに違反した場合逮捕される場合もあるのです。
実際に、数々の逮捕者もでています。

ですので、エステ脱毛が終了したあともたまにまた生えてくることもあるようです。

このように脱毛は医療行為なので、永久脱毛は医療機関でしか行ってはいけないことになっています。
医療機関以外で行われる永久脱毛は、違法行為です。

病院は医療機関ですからレーザーを強くできます。効き目が違う=だから値段が違うのです。

市販のクリームが本当に効くのなら、きっとエステや病院の脱毛はなくなっていると思います。
クリームを塗るだけで効き目が出るのなら、レーザー脱毛なんてこの世に存在しないはずです。
やはり、市販品での脱毛はまず無理なのです。

除毛クリームはあくまでも一時的な処置

しかし、お手軽に使えるのが除毛クリーム。

手順もいたって簡単で、一本1000円程度で買えるものもあるので、一番試しやすいのではないのでしょうか?

クリームを除毛したい部分の肌に塗り、数分の時間を置き、毛が溶けるのを待ちます。
そして除毛が確認できたら、クリームを取り除き、お風呂場などで最後に洗い流す。

肝心の効果はどうでしょうか。

結論から言うと、クリームでの除毛は一時的な処置にしかなりません。

処理後の毛穴の存在はかなり目立たなくなりますが、それではどのくらいムダ毛の生えていないつるつるのキレイな状態が保てるのかと言うと、ここは残念ながら期待できません。

やはり応急処置的な使用目的でのみ、効果的と言えるでしょう。

徐毛、脱毛、色々な方法があり、値段もそれぞれ違ってきますが、一番効果を期待でき、なおかつ安心できるのはやはり医療レーザー脱毛ではないでしょうか。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top