トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

結婚式の費用 新郎と新婦の負担は?

スポンサードリンク

結婚が決まったとき、めでたく結婚式を挙げることになった、そういったとき、悩むのが費用のことですよね。

結婚式は楽しみではあるけれど、費用のことは、今まで考えたことがないものなので、本当に悩みやすいカップルが多いようですね。

そこで、今回は、こういった結婚式の時に、一般的な夫婦の場合、結婚式費用などをどう負担し合っているのか、そういったことをご紹介したいと思います。

90ff658ea4dee09adc8f047657cd27fc_s

結婚式の費用の負担のその割合は一体どうなっているのでしょうか。様々な意見があるようですね。

まず、結婚式費用は夫婦で平等にという夫婦が結構多いようですね。こういった夫婦は、女性も働いているカップルのところに多いようです。
まず、普通に考えた場合、まず2人で行う結婚式で、共同作業なのですから、夫婦で半々ずつ費用などを出し合ったりするのが良い、という考えに至るようですね。

しかし、こういった半々の場合は、女性の身支度だったり、ドレスなどにかかる費用などが結婚式は多いですので、なかなか難しい場合も。さらには出席者が新郎中心に集められている場合なんかも半々にするのが難しいことがあります。

男性が少し多めが自然

こうしたことを考えると、やっぱり夫婦が本当に結婚式費用を平等にするというのなら、男性が多めにするのが、費用的にもちょうどいいと考える人も多いようですね。
さらに、男性の方が稼ぎが良い場合だったり、あるいは女性が働いていたとしても、結婚退職予定の場合だったりなどもあるようです。

そして、こういった、女性の身支度だったり、ドレスなどの費用や、仕事関係の出席者が男性の方が多いことを考えたりすると、男性が少し多めに払ったほうが自然であり、さらに費用的にもバランスがいい場合もあるようです。

新婦のほうが多めに払う、というのは少数派の意見のようで、新婦が出席者が多い場合、多めに払うことはあるみたいですが、やはり、ここは平等か、新郎が多め、というところが多いようですね。

新郎が100パーセント出す場合も

さらに、こうした、半々が面倒くさい、あるいは、費用を半分ずつ支払うのが逆に大変、さらに話し合いが面倒くさい、という場合は新郎が100パーセント出す、という家庭もあるようです。

100パーセント新郎の場合、負担してもらえた新婦も大満足ですし、さらには、面倒くさい感じの話し合いもないですので、式の費用に関するいざこざもなくて済みそうですよね!
今は男女平等の時代となっていて、働いている女性も多いですので、こういった100パーセント新郎が負担ということは昔よりは少なくなっているかもしれませんが、こういったところも一定数あるようです。

考え始めると、本当に悩んだり、迷うことが多いですよね。この結婚式費用などの負担割合ですが、考えてもちょっと負担がきつい場合は、逆にお互いの両親に負担してもらう、というのもありかもしれません。

本当に平等に分けるのはちょっと難しいですし、せっかくの式の前に雰囲気が悪くなってしまっても困りますよね。

そういった場合は、親に頼ってみてもいいかもしれません。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top