トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

カランメソッドとDMEメソッドの違いは?英会話力アップに効果があるのはどっち?

スポンサードリンク

英語が話せるようになりたい!
これって日本人の永遠のテーマみたいなとこがありますよね。

昔から言われることだけど、日本人って中高で6年間も英語勉強してるのに、なぜ話せないんだろう?

フィリピンなんて日本より教育環境が全然整っていないのに、みんなフツーに英語話すし。

日本って絶対英語教育の仕方に問題あるよね。
中学時代の英語教師なんて全然しゃべれなかったもん。

なんてワケで、そんな英語ダメダメ日本人の間で利用者が増えているのが、オンライン英会話です。

englishstudy

最近はスマホの英語アプリがいくつも登場していて、簡単に英会話が学べるようになってます。

でも・・・

オンライン英会話の効果って疑問を感じません?

自分の周りには、オンライン英会話を始めたという人がいますが、英語がバリバリにしゃべれるようになったという人はいません。

そんな中、ネットで最近よく見かけるのが、「カランメソッド」「DMEメソッド」なる英語習得法。

「英語が4倍のスピードで学べる!」というのが、売りなんだけど、一体どんな学習法なんじゃい?

そこで、「カランメソッド」「DMEメソッド」とはいかなるものか?その違いは?さらに、その効果は?
気になったので、詳しく調べてみました。

カランメソッドとは?

カランメソッドは直接教授法(ダイレクトメソッド)と呼ばれる英語の教え方です。

その歴史は古く、1960年代に英会話スクールの講師をしていたロビン・カラン氏が考案したノウハウ。

カランメソッドの特徴は、相手の質問に対して反射的に答える訓練を繰り返すことで、英語力を身につけるというものです。

日本人は英語をしゃべるとき、一旦頭の中で日本語を英語に変換してからしゃべろうとします。

しかし、そうではなくて、英語の質問には英語で反射的に答えなければ、真の英語力を身につけることができないという考え方に基づいています。

カランメソッドのやりかた

カランメソッドは非常に単純で、原則2つの決まり事があるだけです。

①先生の質問は2回

先生は質問を2回繰り返します。
生徒は質問の内容を瞬時に聞き取り、即答しなければなりません。

日本語で考える時間が与えられないため、かなりの集中力が要求されます。

②質問にフルセンテンスで答える

カランメソッドでは、英語の聞き取りだけでなく、答え方にも決まりがあること。

たとえば・・・

Do you like english?

という質問に対し、

Yesで終わらせるのはNGです。

必ずフルセンテンスで、

Yes, I like english.

と答えなければなりません。

簡単な会話であれば、それほど苦はないのですが、長い会話であればあるほど、ハードになります。

きちんと答えられなければ、できるまでやり直しを求められます。

まさにスパルタ教育ですね。
これによって強制的に英語を身につけさせるのです。

カランメソッドは12のステージがあり、各ステージごとに試験があり、これに合格しなければ次のステージに進めません。

こうして徹底的に英語の訓練をすることで、英語力をネイティブレベルに近づけようというワケです。

以下は、カランメソッドの動画です。
よりわかりやすく知りたい人はごらんください。

カランメソッドの長所

○英語力を強制的に身につけられる
○英会話が不自由なくできるようになる
○ネイティブ並みの実力がつく

カランメソッドの欠点

○レッスンが厳しい
○集中力が要求される
○苦痛に感じてしまうこともある

カランメソッドの口コミ

実際にカランメソッドを実践した人はどんな感想を持ったのか?

ツィッターの投稿を調べてみました。

効果を感じている人はいるものの、苦痛に感じている人も結構いますね。 以下は、カランメソッドの正式認定校です。 オンライン英会話ネイティブキャンプ無料キャンペーンを実施中! では、次にDMEメソッドについてみてみましょう。

DMEメソッドとは?

DMEメソッドはカランメソッドを進化させたものです。 歴史はかなり新しく、2007年にポーランドのスクールではじめて採用されたのが始まりとされています。 こう書くと、実績がないと思う人がいるかもしれませんが、現在世界中で採用されていて、30カ国以上に及んでいます。

DMEメソッドのやり方

質問者が2回質問して、回答者が即座に回答するというやり方はカランメソッドと基本的に同じです。 カランメソッドのレッスンを受けてみて、レベルが高くてついていけない人でも、DMEメソッドなら基礎から固めていくことができるようになっています。 また、文法もじっくり学べるようになっているので、スピーキングだけではなく総合的に英語を学んでいきたいという人に向いています。 よりわかりやすく知りたい人は以下の動画をご覧下さい。

DMEメソッドの口コミ

では、実際にDMEメソッドを実践した人の感想をツィッターでみてみましょう。

カランメソッドよりは苦痛に感じる人が少ないようです。

そういう意味で、DMEメソッドはカランメソッドの不満や欠点を修正して進化させたプログラムだと言えそうです。



無料体験レッスン実施中!オンライン英会話『イングリッシュベル』

カランメソッドとDMEメソッドの違いは?

では、ここで改めてカランメソッドとDMEメソッドの違いをみていきましょう。

短くまとめると、以下のようになります。

○スパルタ度
カランメソッド>DMEメソッド

カランメソッドとDMEメソッドメソッドを比べると、DMEメソッドの方が初心者向けです。
にとって授業スピードもややゆったりめで、学習量も多くありません。

○授業スピード 
カランメソッド>DMEメソッド

カランメソッドとDMEメソッドメソッドを比べると、DMEメソッドの方が授業スピードは少しゆったりめとなっています。

○教材量
カランメソッド>DMEメソッド

カランメソッドとDMEメソッドメソッドを比べると、DMEメソッドの方が教材の量は少なくなっています。

○文法学習
DMEメソッド>カランメソッド

カランメソッドとDMEメソッドメソッドを比べると、DMEメソッドの方が文法学習の効率が高いと言われています。

カランメソッドが向いている人

カランメソッドは、ハードでもいいから、徹底的に英会話を学んで短期間で一気にレベルアップしたいという人に向いています。

DMEメソッドが向いている人

DMEメソッドは、スパルタ学習はイヤだけど、上達したいという英会話初心者に向いています。

カランメソッドとDMEメソッドはどっちが効果がある?

これまでも説明してきたように、カランメソッドもDMEメソッドも原則的には同じ学習法です。

きちんと学べばどちらも効果があります。

選択に迷ったら・・・

とにかく一刻も早く英語力をアップさせたいという人はカランメソッド。
少々時間がかかってもいいので、着実に英語力を伸ばしたいという人はDMEメソッド。

上記の基準で選ぶといいでしょう。

まとめ

ということで、カランメソッドとDMEメソッドについて、紹介してきました。

どちらも英語学習プログラムとしては非常によくできていて、評判も悪くありません。

英語に自信のない人は、まずはDMEメソッドで英語の基礎能力をつけて、自信がついたらカランメソッドに移行するというのがいいと思います。

どちらの学習法も無料体験できるので、一度試してみてはいかがでしょうか?

カランメソッド無料体験

DMEメソッド無料体験

こちらの記事もおすすめです。

無料英会話アプリ@人気おすすめランキング

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top