トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

我が子をタレントにしたい親なら知っておきたい子役の仕事内容とギャラ

スポンサードリンク

芸能界で活躍できる芸能人は、一握りの存在であるため、夢に向かって努力を積み重ねる必要があります。

今後の芸能界で活躍するために、子役として芸能界にデビューし、人気を集める芸能人が増えています。
子役として早い時期から芸能界で活躍することで、芸能界で生きていくために必要な知識などを学ぶことができ、今後の芸能生活にも役に立ちます。

そこで今回は、子役の仕事内容やギャラについて調べてみました。

186666

今の子役はより能力が求められる

子役でまず思いつくのは、映画やドラマにおける子供の役なのではないでしょうか。
一昔前だと、物語の中ではそれほど重要じゃないポジションだったりということがありましたが、近年では重要な役回りが与えられています。
子供が主人公、というドラマもあったりもしました。

また、テレビに映る事だけに限らず、ミュージカルなどの舞台でも子役が重要であったりします。
特に有名な子供によるお芝居などは、ヒロインを何十代と変えて未だに続けられていたりもします。

舞台では、マイクを使わずにはっきりとしゃべらないといけません。
発声指導を受け、はきはきと、しかも伝わりやすいようにセリフをしゃべることが出来るようになる力を養わなければいけません。

さらに、ミュージカルだった場合は、ここに歌唱力がなければいけません。
歌唱力は一朝一夕では得られるものではありません。
まず、発声練習で声の出し方で得た発声に歌うということをプラスしなければいけません。

また、子供向けの番組に出演することもよくあります。

NHKの教育テレビの”いないいないばぁっ”や”みぃつけた!”といった番組は、子供向けのバラエティのような作りになっていて、子供を楽しませる、という目的が第一ではあるのですが、大人が見ても楽しめるような作りになっている番組です。

子役タレントの良いところは大人社会を知れること

そこに出演しているのは子役タレントだけでなく、多くはお笑い芸人と一緒に出演しています。

大人と一緒に仕事をする機会があると、将来的なことを考えると、出来れば参加しておきたい仕事といえます。

子役タレントの良いところは、早いうちから大人と一緒に社会の仕組みを味わうことが出来る、ということに尽きると思います。

そして、最近では演技だけではなく、ファッションをまとめた子供向けファッション雑誌などのモデルとして活躍していることも多くなってきました。

子供向けのファッションを提案している洋服屋さんも、たくさんあります。

このように、子役の活躍している場はたくさんあります。
非常に夢のある仕事である子役ですが、仕事として向き合う以上、夢見てばかりもいられません。

次に、どれくらいのお金が稼げるのか、子役のギャラについてです。

具体的な子役のギャラは、事務所の公式ページには書かれていません。
一般的なギャラの金額を紹介させていただきます。もちろん仕事内容、制作予算などによって上下しますが、だいたいの目安として参考にして頂ければ幸いです。

もちろん鈴木福くん、本田望結ちゃんのようにトップクラスの存在になればCM1本で何百万、さらには1,000万円超えなんていう仕事もあるでしょう。
ですが、こういった破格のギャラは日本を代表する2~3人の子役だけの話なのです。
一般的には、大人の俳優さんより安い金額でキャスティングされることになります。

子役のギャラ相場

ドラマ1話
(民放) 約6万円
ドラマ1話
(NHK)約2万円
コマーシャル
(主演) 約50万円
コマーシャル
(サブ) 約8万円

実際には、仕事によってプラスマイナス25%くらい変動すると思いますが、大人気子役でない限り、これくらいのギャラでキャスティングされるのが一般的です。

もちろん、仕事をどんどんこなしていけば知名度が上がり、報酬がアップしてくことは充分に考えられます。
大人の俳優より安いとはいえ、子役というのは稼げる仕事なのかもしれません。

完全実力勝負と言いたいところですが、実際には事務所の力というのも影響しているようです。

所属事務所に実績があれば優遇されますし、なければ実力以下に扱われるということは往々にしてあり得ます。

これもまた、事務所選びで重要な部分といえるでしょう。

ですが、これについては部外でも簡単に推測する方法があります。
単純に、有名になった子役を多く抱えている事務所が有利だからです。

今活躍している子役がたくさんいるなら、その子役が出演する作品の端役に同じ事務所の他の子を使う可能性がありますし、事務所に力が合ったから所属する子役タレントが今の地位まで上り詰めたわけです。
当然、仕事をもらえる確率が高いのは言うまでもありません。

また、同じお仕事をしても所属事務所によって配分(事務所と子役)が違っているので、もらえる金額が違ってきます。
一日がかりでも何千円、数十分で何万円…と言うこともあります。

儲けるために子役になると言うよりは、思い出作りの人が多いのではないでしょうか。

子役として活躍させることで、芸能界で生きていくために必要なノウハウなどを学ぶことができ、活躍によっては、俳優や女優などにステップアップできます。

芸能界で長く活躍するには、素晴らしい演技力と人間性が重要であるために、子供の時から身につける方法が望ましいのではないでしょうか。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top