トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

ダサいファッションセンスを磨く5つの方法

スポンサードリンク

買った洋服がイマイチ着こなせない、同じ服なのに自分が着ると何かちがう…など、人は外見ではなく中身といいますが、オシャレな人は相手に良い印象を与えたり、自分に自信がついたりと、良いことがたくさんあります。

やはり、このファッションセンスも大事なポイントになってくるのではないでしょうか。
ファッションセンスというものは、ゼロでも高める事が出来る物です。
センスを上げる努力と、その方向性を間違えなければファッションセンスは確実に上げる事が出来るのです。

15bf2989b76b3de85302368dadef275e_s

今回はそのファッションセンスを磨く5つの方法を紹介していきます。

1. 人間観察をする

オシャレのセンスが良い人は、決して、雑誌の服装を丸ごと真似ているわけではありません。
雑誌よりも、周囲の人間観察のほうが、オシャレの参考になることが多々あります。

少し個性的なオシャレを楽しみたいのなら、芸能人のファッションを参考にしましょう。
芸能人は、テレビだからこそできるような奇抜なファッションをさらっと着こなしています。

そうすることで、自分の好きなスタイルを見つける事ができるはずです。

2.他人の真似をしてみる

意外と大事なことです。
自分の好きなスタイルが見つかったら、次は雑誌からでも、ショップの店員さんでも、ファッションセンスの良い友達でも良いので真似をしてみましょう。

ファッションセンスが良い人の格好を真似る、その行為自体が、既にファッションセンスは磨いていっている事になるのです。

何より好きなファッションのテイストを知る事、見つける事はファッションを楽しむポイントの一つです。

3.流行ばかり追いかけず、自分に似合う服を着る

流行りの誰もが着ているようなスタイルをしていても、実際に自分に合っているでしょうか。

流行りのスタイルをするのが悪いことではありません。
そこから自分だけのアクセサリーや着回し方を学んでいき、最終的に自分だけのファッションセンスを磨いていくのです。

4.服以外色々な芸術作品に触れる

絵画、彫刻、建築、現代アート、音楽など、ファッション以外の芸術以外にも興味を持つと感性が養われ、自然とセンスも良くなります。
 
様々な生き物や自然が作り出した美しい物を見るのも良いでしょう。 
 
昔のファッションから現代のハイブランドのコレクション見たり、雑誌を見るのもいいでしょう。 
 

5.自分に合った服を選ぶ

自分の体を客観的に見ることは、簡単ではない気がします。
でも、これを知らないと、太ってなくても太ってみえたり、貧相に見えたりと悲惨なことになってしまいます。

時として体型をカバーする事ばかりではなく、自分の素敵な部分をアピールできるようなファッションを楽しむこともひとつです。

また、顔色がよく見えるなど、自分に合う色の服を選ぶことも重要です。

そのためにはまず、自分に何が一番合っているか知ることが大事になってきます。

ファッションセンスは、生まれ持った物ですが、そこに努力をプラスする事で、誰でもオシャレになれるのです。

そしてファッションを好きになることで、オシャレが楽しくなるはずです。

自分のセンスを磨きながら、楽しく色々なスタイルに楽しくチャレンジできるようになりましょう。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top