トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

歯科治療で今注目のハイブリッドインレーとセラミックインレーの違いとは?

スポンサードリンク

最近は、審美治療に力を入れている歯科が増えてきました。
ただ単に歯を綺麗にするだけではなく、継続して歯を健康に保つために、歯科分野において審美歯科治療は急速な発展を迎えています。

cd567be08bf21b436420da60675a562d_s

ジルコニアセラミックやグラスファイバーを用いたメタルフリー治療も確立され、金属アレルギーの心配もないより体に優しい治療が普及しています。

今回は、今注目されているハイブリットインレーとセラミックインレーの違いをまとめてみました。

はじめに、インレーとは虫歯を削る際に、穴を掘るように削ってそこに詰め物をする治療方法です。

白い素材を詰める、セラミックインレーやハイブリッドインレーは、「銀の詰め物を入れるのは審美的に嫌だ」「銀歯の詰め物を白いものにしたい」という患者さんに適しています。

虫歯が大きく、削る面積も大きくて咬頭(噛み合わせをする歯の先頭部)を残すことができない場合は、「クラウン」というセラミックの被せものをしますが、虫歯が比較的小さく、咬頭を残せる場合には、インレーが適しています。

ハイブリッドインレーとは

ハイブリッドインレーセラミック(陶器)の粒子とレジン(プラスチック)を混ぜたもので作られた詰め物です。

セラミックインレーよりもやわらかく、対合歯にも優しいというメリットがありますが、色調は多少劣り、唾液を吸収し、経年的に変色します。

しかし、金属を使用しないので、金属アレルギーの原因にはなりません。

セラミックインレーとは

ポーセレンインレーとも呼ばれ、100%セラミック(陶器)により歯の形に作り上げた詰め物です。

陶器のため、年数がたっても水分などを吸収せず変色にも強いため、きれいな状態を持続することができます。

最も天然の歯に似ているので見た目が良いですが、割れやすいという欠点があります。

しかし、汚れ(プラーク)が付きにくく、ハイブリットインレーと同様金属を使用しないので、金属アレルギーの原因にはなりません。

ハイブリットインレーもセラミックインレーも保険外(自費)の詰め物になるため、価格は歯科によって異なりますが、大体の相場は3~5万円前後と値段は高めです。

また、ハイブリッドインレーはセラミックインレーと比べると、やや透明感は劣りますが、ほとんど変わらないくらいの違いです。

ハイブリッドインレーは適度な粘り強さを兼ね備えていますので、歯ぎしりや食いしばり等の癖のある人、噛む力の強い人には、奥歯の詰め物としては最も適しているといえます。

インレーには、必要以上の硬さよりも脆くない材料が適しています。

その点では、ハイブリットの方が良好な性質と言えるのではないでしょうか。

ハイブリットは、たわみに対する耐用度はセラミックより優れています。
但し、いずれの場合も金属には及ぶ物では有りません。

特にセラミックの場合は、絶対的な強度は有るものの僅かな変形でも割れてしまうことも有りますので、注意が必要です。

いつまでも健康で美しい歯を保つためには、自己ケアはもちろん、さらに定期的な検診を受けるのが良いでしょう。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top