トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

定年退職する上司が喜ぶメッセージの文例とポイント

スポンサードリンク

定年退職する上司に何かしたい、と考えている人はいらっしゃると思います。

今までお世話にあった上司には色々なことをしてあげたいですが、やはりそんな時に一番喜ばれるといわれているのが、気持ちのこもっているメッセージなんです。

個人的に渡すのもいいですが、部署のみんなから渡したりするのも、どちらであっても、上司は喜んでくれるということが多いと思います。

そこで、上司が絶対喜ぶメッセージというものの文例や、さらにはポイントというものをご紹介したいと思います。
ぜひこのたび定年退職をするという上司がいらっしゃる方は参考にしてみてくださいね。

b614022aabd6a06427ac85d4f7c144bc_s

定年退職をされて第2の人生を歩みだすとされている、上司に対して送るメッセージというものはどういったものが良いのでしょうか?

メッセージの作り方のポイントですが、まずは、今までの感謝の気持ち、そしてエピソードを書くということです。
まず、定年退職をされる方に対しては、お祝いの言葉だったり、さらには今までの感謝の気持ちなどを述べるということは皆共通していると思います。

上司とのエピソードを文面に入れる

しかし、こういったメッセージだと、逆にいうと、あまり印象には残りません。
ですので、こうした定年退職という、一つの人生の節目にたくさんの事なんかを思い出してもらえる様に、必ずあなたとそしてその上司との、色々なエピソードをあげるようにするだけでも、ちょっと違ってきます。上司も感慨深くなりますし、良い思い出に残してくれるはずです!

メッセージでありがちなのが、一言メッセージです。
退職する上司などへのメッセージの文例ですが、まずは

「定年退職をされるお祝いを申し上げます。
これからは第二の人生というものを謳歌してください。
今後も益々ご活躍されること、このたびはお祈り申し上げます。

さらには、「ご定年おめでとうございます。長年に渡り、第一線でのご活躍というものを心から、尊敬いたしております。今後共益々、ご健勝、心よりお祈り申し上げております。

こういった文例ですね。こうしたメッセージなら一言でもかなり心が温まると思います。
尊敬の念や、さらには第二の人生などを出すというのもいいですね。

色紙などに書く場合は、「職場のみんなから、あなたへの「ありがとう」の気持ちを贈ります。
本当に寂しくなりますが、いつまでもお元気でいてください!というシンプルなメッセージでもいいでしょう。

さらには、硬い表現になりますが、以下のようなものもいいでしょう。

「長年お仕事を、今まで無事勤めあげられましたということを、心よりお祝い申しあげます。ご在任中はひとかたならぬ、ご厚情、そしてご指導を賜り、深く感謝いたしております。末長くご多幸をお祈りいたします。」

相手が上司なので、あまりふざけたものだったり、軽めのものなどは控えたほうがいいでしょう。
さらには、その人との関係性なども大切です。空気を呼んだメッセージが大切ですね。
もしその上司に懇意にして頂いていたのであれば、みんなとは別にメッセージを渡すのもいいと思います。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top