トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

お花見の場所取り 達人が教える4つのテクニック

スポンサードリンク

もうすぐ桜が咲くと、待ちに待ったお花見の季節ですね。
会社仲間とお花見をする方もいれば、家族だったり、親戚などと集まりお花見をするという方もたくさんいらっしゃると思います。

お花見はとても楽しく、桜を見ながら飲んだり食べたりするのは日本文化の一つで、とても楽しい四季の楽しみ方ですね。

4fff1952acd3fcbd3fd6efbdaa69ec0b_s

そこで、このお花見ですが、まずは最近はお花見をするにも場所取りをする必要があります。
人気のお花見スポットなどでは、やはり入念に場所取りをしないと、場所が取れずお花見自体ができないということもあるようです。

お花見は場所取りがすべてといっても過言ではありません。
そこで、今回はお花見で場所取りをするテクニックについてご紹介したいと思います。
ぜひ参考にしてくださいね。

新入社員や新入りが任されやすくなっている、花見の場所取りですが、自分の評価を下げないためにも、さらにはみんなに楽しくお花見を過ごしてもらうためにも絶好のポジションというものを確保したいものですね。

お花見の名所では、平日・休日などを問わず、夕方からの宴会に備えて朝早くから、場所取りというものが行われています。

下調べはお花見当日と同時刻

まず、場所取りのテクニックとして、一つ目には、下調べを入念にし、花見の場所を見つけることです。
お花見の下調べのポイントですが、それは「お花見当日と同時刻に、下見をしておく」ということです。
すると、ある程度の混雑具合だったり、さらには人気の高い場所なども把握することができます。
良いなと思ったら、実際にその木の下などに座って、そして確認してみるのも忘れずにしましょう。

さらにもし、混み過ぎていて、この時点で場所取りができそうにない場合などは、会場の変更というのも考慮しましょう。

最初の段階で1か所のみだけではなく、数か所の候補というものを考えておきましょうね。
さらには、駅やトイレからなどのアクセスの良さも大事となっていますが、それ以上に、幹事にとってもなじみ深い場所というものをチョイスするのも大事です。

別の宴会組と交渉する

二つ目に、交渉することです。
良い場所がなかなか見つからないな、と思ったら、すでに宴会が始まってる所などを狙いましょう。
片づけますので、次にこちらを使わせてもらえませんか?と連絡先を交換したりします。

片づけてくれるのであれば、おそらく連絡が来るはずだと思います。
そして、待機するという方法です。

代行サービスを頼む

三つ目に代行サービスを頼む方法です。

今は世の中には便利屋、というものがあり、桜のお花見の場所取りをしてくれるというサービスもあります。こうしたサービスを利用すると自分は動かず場所取りをすることが可能です。ただし、料金がかかってきますね。

とにかく早い時間から場所取りする

四つ目に、なるべく早い時間から一人で日向ぼっこをするなどをして、場所取りをすることです。
やはり宴会の前にはこうして場所取りをしている人というのを多く見かけます。
こうするのがやはり一番確実であり、始まってから探すよりも確実な方法だといえるでしょう。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top