トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

母の日と父の日のペアギフトはいつ贈る?喜ばれるプレゼントは?

スポンサードリンク

母の日と父の日はその日付がとても近いため、
個別に贈り物をするのが大変だなあ〜と感じている人も多いのではないでしょうか。

そういった考えも一般的になってきたのか、
最近では母の日と父の日の贈り物を、一度に贈る動きも増えてきているようです。

人物(観光客夫婦)

・ギフトを送る時期はいつがいい?

母の日は毎年5月の第2日曜日、父の日は6月の第3日曜日となっていて、
約1ヶ月の間隔があいています。

しかし、両親が遠方に住んでいたり、すぐに会いに行けない場合には、
その都度宅配便を利用する必要があります。

また、会いに行ける距離だとしても、
なんとなく気恥ずかしい…という時もあるでしょう。

そういった時は、母の日にまとめて宅配を利用したり、
両親に会いに行くと良い
でしょう。
先にある母の日に父の日のギフトも持って行くのがスムーズです。

またこの時、「ペアギフトにするので、父の日ギフトと一緒になっている」
ことを一言伝えておくと良いでしょう。

両親の元へ訪れることができる時には、
ギフトは母の日にペアギフトとして持って行って、
父の日にはちょっとした花やお菓子をもって行き、
顔を見せてあげるなどをしてもいいかもしれませんね。

逆に、父の日に贈るという事もありですが、母の日の方が先にあるので、
この場合は先延ばしにされている感じが否めないので、
特別な理由がない以外には母の日にまとめる方が無難でしょう。

それ以外に、母の日でも父の日でもないときに、
特別な日付で送るという時には、あらかじめ都合を聞いておいて送ったり、
両親の元を訪ねると良いでしょう。

その時、「どうしてその日なのか」を伝えておくのもポイントです。

・オススメのギフトは?

ペアギフトとしてせっかく送るのですから、

・夫婦茶碗や湯呑
・ペアの箸
・ペアデザインの寝間着

などがオススメです。

また、そうした形が残るものが選びづらいという時には、
お取り寄せグルメやちょっと豪華なお菓子、
お酒が好きなご両親ならご当地のお酒なんかも喜ばれるでしょう。

ペアギフトだからと言って、対になっているものだけにこだわらず、
お父さんにはお酒、お母さんにはお花をと分けて考えてももちろんOKです。

ですが、心を込めて選んだ物を送ることも素敵なことですが、
会いに行ける状態であるなら、自分自身が顔を見せてあげることが
一番の贈り物になるということも、忘れずにいたいですね。

お孫さんがいるという時には尚更、ギフトをもって一緒に訪れて、
元気なところを見せてあげたいものです。

1年に1回ずつの母の日と父の日だからこそ、
大切な日として改めて考えておきたいですね。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top