トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

失読症(ディスレクシア)とは?症状と克服した有名人

スポンサードリンク

皆さんは、失読症(ディスレクシア)という障害をご存知ですか?
聞いたことがあるけど詳しくは知らない…といった方は多いと思います。

こちらの失読症で苦しんでいるといった有名人は意外と多く、実は陰ながらこうした障害と闘いそして克服しているといった人もいるようなんですね。

この失読症という障害は一体どんな病気なのでしょうか。この失読症の症状と、そしてこの病気から克服した有名人というものを今回はご紹介したいと思います。

85446af38239f6512842ed4d553f9d70_s

失読症は文字の読み書き学習障害

まず、こちらの失読症とは、学習障害の一種となります。
知的能力だったり、さらには一般的な理解能力などには特に異常がないとされているのにもかかわらず、文字の読み書き学習というものに著しい困難を抱えているといった障害の一つです。

「文字とその文字が表している音と一致だったり対応し難いため、勝手読みだったり飛ばし読みが多い」といった症状や、さらには「音読作業、意味理解作業というものが同時にできないため、読み書きなどに時間がかかる」などの特性があるようです。

日本ではこちらの障害はあまり見かけないイメージですが、なんと英語圏では失読症の発現率というものが10%から20%といわれているようです。

英語圏では失読症の発現率10%〜20%

ハーバード・スタンフォードの研究チームによりますと、なんとディスレクシア(失読症)の子供というのは、普通の子供の10倍以上の時間をかけないと1語を理解できないといったことが分かっています。

さて、この失語症を抱えているといった有名人は一体どういった人がいるのでしょうか。

トムクルーズやスティーブンスピルバーグも失語症

まずは、トムクルーズです。こちらはもしかしたら有名なので、彼が失語症であることを知っているという人は結構いらっしゃるかもしれませんね。

トムクルーズは、子供のころから失語症であり、ハリウッドスターであるトム・クルーズは自ら『自分はディスレクシア(失読症)である』と公表しました。
このことによって、急速にこの障害の知名度があがったと言われています。

ハリウッドスターなので、どのように仕事をしていたのかというと、なんと、脚本の文章というものは理解できないので、台詞を覚えるときなどはテープに全て録音したうえで、繰り返し聞いていたそうです。

子供のときは失読症のため、12 年で15の学校を渡り歩いており、そして補修クラスに入れられていたという苦労した過去があったそうです。
集中力を高め、文章を視覚的なイメージなんかに置き換えてみたりして、努力したりもしていたそう。

そしてさらには、「『トップガン』を撮影していたときには、レッスンをいくつか受けたが、すぐに投げ出してしまったそうです。

さらには、オーランド・ブルームも失語症であったといわれています。

こちらのオーランド・ブルームは、新興宗教であるサイエントロジーの活動というもので、この学習障害を克服しているといわれています。

さらには、あの有名な監督、スティーブンスピルバーグも失語症だったそうです。
どのように克服したのかというと、やはり徐々に努力をして克服していったそうです。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top