トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

病気がよりつかない!医者いらずの呼吸健康法

スポンサードリンク

今は、健康に関してお悩みの方が多いと思います。そこで、医者いらずの健康法というものを今回はご紹介したいと思います。

それは、呼吸による健康法です。
最も大切な健康法といえば、というとまず、「呼吸法」が挙げられるようです。

呼吸というものは、健康づくりの基本ですので、この呼吸法さえしっかりしていると医者はいらないといわれています。でも最近は、浅い呼吸の人が増えているといわれています。

そこで、体にいい深い呼吸とは、どんなものなのかということを今回はご紹介したいと思います。

57c7cc69618eba8061a8581baf90dd15_s

呼吸法はそれ自体簡単ですし、体力のない寝たきりの病人なんかでもできますし、また1円のお金もかからないうえ、貧乏人にも気軽に行えるというのが特徴です。
器具も要らないのがいいですよね。さらに効果もてきめんなのだから、ぜひ貯めす価値ありです!

呼吸法で大事なのは正しい姿勢

まず、「呼吸法」で大事になるというのは「正しい姿勢」です。
そして、「深く吐く腹式呼吸」というものと、さらにそして「体内のイメージ」、この3つが非常に大切となります。

まずは、現代人は浅い呼吸になっている方が非常に多いので、深くいい呼吸をすることが大切です。つまり腹式呼吸をして深い呼吸をするということが大切です。

基本動作としては、とても簡単な呼吸、そしてイメージなどの繰り返しをして、さらにこれを毎朝10分程度行うということが大切となってきます。
一生続ける呼吸法となりますので、あまり無理をしないように、少しずつ行いましょう。

複式呼吸法を身につけよう

まず、初めに、こちらを練習するには、仰向けに寝転びます。そして、ゆっくりと口から息を吐き出します。さらに、体の中の空気などをすべて外に出すようにして、時間をかけて吐いていきます。
このとき、お腹などが徐々に引っ込んでいくように気をつけてください。
これが基本の動作となります。

そして、鼻から深く息を吸い、舌を上あごなどにつけるようにするとさらに良いですね。
このとき、下腹などが膨らむように気をつけてください。

そして、再び口から息を吐きだします。

吸った時間よりも1.5倍、さらに2倍の時間をかけていくつもりで、長くゆっくりと息を吐きかけていきます。
この動作・呼吸をどんどん繰り返してきましょう。
こうすることで深い呼吸ができるようになっていきます。

これが腹式呼吸のやり方になります。まず初めはこの方法で練習を行ってください。

そして、どんどん息を吐く時間などが吸う時間などの4倍くらいの長さなどになるように、頑張っていってくださいね。

この腹式呼吸を行うことにより、身体が健康になるといわれていますし、さらにストレス軽減だったり、脂肪燃焼効果などがあり、ダイエットにも最適だといわれています。

呼吸を整えるだけで様々な効果があり、医者いらずとも言われていますので、本当におすすめです。

いかがでしたでしょうか。
呼吸法は本当に身近な健康法であり、お金がなくても行える健康法の一つです。ぜひ試してみてくださいね。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top