トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

帽子の洗濯 型崩れしない上手な洗い方

スポンサードリンク

帽子は皆さんは、どのようにお手入れしていますか?帽子のお手入れって一見簡単なようで難しいですよね。冬でもなんと帽子には意外と汗などの汚れがついてしまうものなんです。

なので、冬もののキャップも、衣類と同じようにできれば、衣替えする時に、きちんと洗ったりしてしまいたいですよね。

86fb7cff8f0b2e1ebe936e8b758c2197_s

しかし、帽子は、普通に洗濯をすると型崩れなどをしてしまいますし、どのように手入れしていいのか迷ってしまうこともあると思います。
そこで、今回は、帽子を型崩れしないように洗濯するという方法をご紹介します。

まず洗濯する前ですが、必ず、洗濯表示タグを確認することから始めます。
洗面所などのシンクにぬるま湯を張っていきます。そしてそちらに洗剤を溶かしていきます。

さらに、シンクのにぬるま湯をはり洗剤を溶かします。洗剤の分量なんですが、こちらは容器の目安に従っていきます。ここでは大体ですが、10mlくらいを使うと良いようです。
そして、そのあとは、帽子を洗濯液に浸けていきます。

軽く押すように手洗いする

帽子を洗濯液に浸けて洗っていくのですが、さらに、ここでもポイントがあります。
あまりきつく洗うと型崩れのもととなりますので、まず押しても大丈夫な所だけ、軽く押すようにします。

ツバの所などは、型崩れしないように、両手などで、軽く挟むだけというような感じにしておきます。そして、30秒ほど浸けていけばOKとなります。

そして、その後すすいでいきます。大体2回すすぎましょう。
そして、洗濯液を流したあとですが、絞らないようにししょう。ぬるま湯などで軽く押して洗っていきます。

そして、そのあとに、水切りをしていきます。
この時も手などで持ち上げるようにして水を切っていきます。このときもこつがありますが、外側から吊り下げるようにすると型崩れしやすくなりますので、中から押し上げるようにしていきましょう。

フェイスタオルをキャップに詰める

そのあとですが、まずフェイスタオルを折ってキャップに詰めていきます。
そして、帽子の内側などにタオルを詰めていきます。そして丸く整えていきます。このように、帽子を詰めることによって、型崩れを防ぐのです!

そして、その後は、陰干ししていきます。

このように、洗濯表示に従って、基本的に慎重に取り扱って洗っていけば、型崩れすることもないですし、きれいに仕上げるということができます。
きちんと手入れをしたりして、長く着られるようにしたいですね。

基本的に洗濯機の手洗いコースなどを使わずに、自分で洗っていきましょう。
さらに、洗濯の洗剤ですが、おしゃれ着用などを使うようにしましょう。

干すときはザルを使うと型崩れしにくい

さらに、帽子を干すときですが、なんとザルなどを使うのもおすすめです。
ザルを使うと型崩れしにくいですので、サイズの合ったザルがあれば使用してみることをおすすめします。

いかがでしたか?型崩れせずに帽子を洗うにはこういった方法があるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top