トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

「鉄筋」と「鉄骨」の違いは?防音性が高い建物はどっち?わかりやすく解説します

スポンサードリンク

アパートやマンションでよく問題になるのが騒音です。
上の階や隣の住人の物音がうるさいとトラブルになることも少なくありません。

そのため、賃貸物件を探すとき、防音性の高さを気にする人も多いのではないでしょうか?

そこで、気になるのが、「鉄筋造り」と「鉄骨造り」の違いです。

どちらも木造造りよりは遮音性が高いのはわかりますが、「鉄筋」と「鉄骨」の構造自体の違いってイマイチよくわかりませんよね。

そこで、今回は「鉄筋」と「鉄骨」の違いと防音性についてわかりやすく解説したいと思います。

tekkin

「鉄筋」と「鉄骨」の違い

建物構造にいくつかの種類があります。
代表的なものは以下のようになっています。

・木造 W造(Wood)
構造部分に木材を使った物件です。小規模なアパートなどで採用されています。

・鉄骨 S造(Steel)
柱や梁など骨組に鉄骨を使用した構造のこと。木造の柱がそのまま鉄になったものをイメージするとわかりやすいでしょう。

・鉄筋コンクリート RC造(Reinforced Concrete)
柱や梁、床・壁が鉄筋とコンクリートで造られた構造のこと。
鉄筋を組んだ型枠にコンクリートを流し込んで固めたものをいいます。

RC造のRCは「Reinforced Concrete」の略で、 直訳すると「補強されたコンクリート」
木造や鉄骨に比べると、耐火性も格段に高くなります。

・鉄筋鉄骨コンクリート SRC造(Steel Reinforced Concrete)
鉄骨の柱の周りに鉄筋を組み、コンクリートを打ち込んだ構造のこと。
大型マンションやビルなど大規模な物件などに使われています。
鉄骨を使わないRC造よりも耐震性・耐久性が高いのが特長です。

以上4つが代表的な構造です。

「鉄筋」は基本的に単独で「鉄筋造り」というのはなく、「コンクリート」と組み合わせて、「鉄筋コンクリート」として使われます。

「鉄筋コンクリート造り」と「鉄骨造り」の防音性

防音性を求めるなら、鉄骨造で造られている賃貸マンションやアパートは避けた方がいいでしょう。
鉄骨造は骨格が鉄骨でできているだけで、鉄骨造自体が防音性の高い構造ではないからです。

ただし、鉄骨造のマンションやアパートをでも壁や上下床に吸音材や緩衝材が使われている場合は、それなりの防音性が保てるので、確認するといいでしょう。

ちなみに、鉄骨造りには「重量鉄骨構造」(6mm以上のもの)と「軽量鉄骨造」(6mm未満のもの)の2種類があります。
「軽量鉄骨造」の方が建築費は安く上がりますが、「重量鉄骨構造」よりも防音性は劣ります。

防音性で言えば、間違いなく、「鉄筋コンクリート造り」です。
コンクリートは高い遮音性を持つため、騒音防止に効果があります。
スピーカーで音楽を聴いても音が漏れにくいため、音楽をよく聞く人にはおすすめです。

建築構造で言えば、最強なのは、鉄筋鉄骨コンクリート(SRC造)です。
鉄骨を使わない鉄筋コンクリート(RC造)よりも耐震性・耐久性が高く、高級な物件に用いられています。

ただし、建築コストがかかるため、その分、家賃も高くなります。

鉄筋コンクリートでも騒音トラブルが起きる場合がある

鉄筋コンクリートの物件でも防音性の高さは物件によって異なるため、騒音トラブルが起こります。
なかでも、見落としがちなのが窓です。
構造など取り付け方よって、外からの騒音が入りやすくなり、防音性が著しく劣ってしまうことがあります。

また、防音性の高さは同じ建物にどんな住人がいるかによっても変わってきます。
上の階に子どもが住んでいたりすると足音がうるさかったりしますし、隣が大音量で音楽をかける住人だと騒音に悩まされることになります。

防音性の高い物件を選ぶ際の注意点

それでは、最後に防音性の高い物件を選ぶ際の注意点をまとめておきましょう。

物件の構造を確認する

防音性を重視するなら、その建物が「鉄筋コンクリート造り」であるかを確認しましょう。

どんな人が住んでいるかを調べる

部屋の上下左右にどんな人が住んでいるかはできるだけ調べておきましょう。
不動産仲介会社や物件の管理人に聞けば、ある程度教えてもらえるはずです。

物件の管理が行き届いているかをチェック

物件の共有部分の汚れは騒音と関係があることがあります。
なぜなら、だらしなさは住人の生活水準に直結するからです。

掃除が行き届いている物件は、管理会社もしっかりしているケースが多いため、万一騒音トラブルが起きた場合も対処してもらえます。

物件の下見は夜に行う

昼の時間帯は大半の住人が出払っているので静かなのは当たり前です。
重要なのは夜の時間帯が静かかどうかです。

それを確認するためにも、物件の下見はできるだけ遅い時間にしましょう。

まとめ

ということで。「鉄筋」「鉄骨」と防音性について解説しました。

騒音を避けたいなら、鉄筋コンクリート造りを選ぶことをおすすめします。
「鉄骨造り」は防音性とはあまり関係はありません。
木造よりはマシという程度に考えておいて下さい。

ただし、鉄筋コンクリート造りだからといって、騒音対策は完璧というわけではありません。
同じ鉄筋コンクリートでも遮音性は異なりますし、どんな住人がいるかでも騒音は変わってきます。

物件選びは様々な条件をチェックして慎重に選ぶようにして下さい。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top