トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

足の黒ずみを取る方法 自宅で簡単にできる解消法

スポンサードリンク

自分の膝やかかと、くるぶしなどを見てみると…
他の部分とは違う肌の色をしている?!
これが足にできた黒ずみなんです。

足の黒ずみは、多くの場合が摩擦による角質へのダメージです。
角質が擦れて厚みを増し、重なっていくことで黒く見えてしまうんです。

でも、ショートパンツを履いたり、水着の季節には思い切り楽しみたい!
そんな時のために、日ごろからできる簡単黒ずみケアをご紹介します。

64a160b2b13714701ec934966da592c4_s

その1、足にも保湿を行う

お風呂から出た後は、顔にはしっかりとスキンケアをするのに、
足などのボディは放置…なんてことありませんか?
顔と同じように、ボディも乾燥してしまうので、保湿ケアを行いましょう。

足の黒ずみの原因である角質も、保湿しないと剥がれ落ちてくれません。
固くなった角質をやわらげて、剥がれ落ちやすいようにケアしてあげましょう。

顔に使うものと同じ化粧水やクリームでもいいですし、
ボディバターなども有効です。

その2、入浴後のマッサージを行う

入浴後、温まって柔らかくなっているヒザなど、
気になる部分をマッサージしましょう。
ボディクリームやボディバターを手に取って伸ばし、
角質をほぐすようにマッサージします。

この時、強く力を入れすぎないように気を付けましょう。
強すぎる刺激は、さらに角質を固くしてしまいます。
ヒザの柔らかい脂肪を利用して、上下左右にほぐすのがポイントです。

その3、尿素クリームを使う

できてしまった黒ずみのケアには、尿素配合のクリームやジェルがおススメです。
尿素は、冬場に多いひび割れやあかぎれなどにも効果的な成分。
角質が分厚く重なるのを防いでくれるので、黒ずみの悪化を止めてくれます。

また、肌を柔らかくほぐす効果があるので、
できてしまった黒ずみを改善するのにも役立ちます。

その4、週に1〜2回のピーリング

角質をはがすタイプのケアアイテムや、
スクラブ入りのアイテムを使ったケアも効果的です。
ですが、毎日行うのは必要な角質まで落としてしまうのでNG。
週1〜2回がベストです。

足の黒ずみ専用のアイテムもありますが、洗顔用のものでも大丈夫です。
ピーリングをした後は、いつもよりも丁寧に保湿ケアを行いましょう。

足に黒ずみができないようにするには、むやみに膝をついたりなど、
その部分に強い刺激を与えないこと
が一番です。
また、締め付け感の強いボトムは避け、ゆったりとした服装にするのも効果的です。
日ごろからゴシゴシと強く擦って洗っている人も要注意。
泡でなでる様に洗うようにしてみましょう。

予防とその後のケアで、黒ずみはどんどん改善していきます。
自慢できるお肌を目指していきましょう。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top