トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

「聞く」「聴く」「訊く」の違いは?正しい使い分け方もわかりやすく解説します

スポンサードリンク

日本語の中には、漢字の使い分けがよくわからないものがありますね。

なかでも、僕がよく迷うのが、
「聞く」「聴く」「訊く」

どれも「きく」ですが、違いは何なのでしょうか?

そこで、今回は、「聞く」「聴く」「訊く」の違いと正しい使い分け方を調べてみました。

kiku

「聞く」とは?

「きく」という言葉の中で、もっともよく使われるのは「聞く」でしょう。

辞書で調べてみると、

「【聞】(ブン・モン)音を耳で感じ取る。自然に耳に入ってくる。聞いて知る」
『日本国語大辞典』(小学館)

「聴く」とは?

一方、聴くは次のように解説されています。
「【聴】(チョウ)聞こうとして聞く。注意してよく聞く」
『日本国語大辞典』(小学館)

「聞く」と「聴く」の違い

上記の解説からわかる「聞く」と「聴く」の違いは以下のようになります。

・「聞く」は自然に耳に入ってくる音
・「聴く」は聞こうとして聞く音

つまり、「聴く」は「聞く」より積極的に音を「きく」行為なのです。

たとえば、音楽を「きく」場合、

・町中で流れている音楽が耳に入ってくる場合は「聞く」
・自分で音楽をかけ、ヘッドフォンなどで「きく」場合は「聴く」

ということになります。

「聞く」「聴く」の新聞用語での使い分け

ちなみに、日本新聞協会の『新聞用語集』は、表記の使い分けを以下のように分類しています。

・聞〔一般用語〕
うわさを聞く、聞き捨て、聞き流す、聞く耳持たぬ、話し声を聞く、物音を聞く

・聴〔特殊用語〕
音楽を聴く、講義を聴く、国民の声を聴く

そして、「聞く」と「聴く」の使い分けについてこう記されています。

「『聞』『聴』は、きく態度によって使い分ける。
どちらでもよいときにはなるべく『聞』を使う」

きく態度によって使い分けるというのが面白いですね。
真剣にきくときは「聴く」ですが、通常は「聞く」でいいということです。

「訊く」とは?

「きく」の中で、もっともなじみが薄いのが「訊く」でしょう。

「訊く」は「尋ねる」という意味になります。

たとえば、人に話を「きく」時、
積極的に質問したり、事情をきいたりするときは「訊く」を使います。

もっとも、訊くは常用漢字ではないため、「聞く」もしくはひらがなで「きく」と表記することが多いようです。

ちなみに、「話をきく」は「話を聴く」と書くことはほとんどありませんが、講義や講演などは「聴く」と書くのが正しい表記だと言えるでしょう。
ただし、講義や講演は「聞く」でも間違いではありません。

「聞く」「聴く」「訊く」は英語で言うとより違いがわかる

「聞く」「聴く」「訊く」は英語にすると、違いがはっきりとわかります。

◆聞く「hear
自分の意思とは関係なく、一方的にきこえる場合。

◆聴く「listen
意思を持ってじっくりときく場合。

◆訊く「ask
尋ねる・質問する場合。

いかがですか?
日本語より違いがよくわかる気がしますね。

まとめ

ということで、「聞く」「聴く」「訊く」の違いと正しい使い分け方をご紹介しました。

最後にまとめると、

「聞く」
意識しているかいないかに関係なく耳に入ってくる

「聴く」
意識して耳をそばだててきく

「訊く」
自分から積極的に相手にきく

正確に日本語を使いたいという人はぜひ参考にして下さい。

ちなみに、以下の記事もよく読まれています。

「使う」と「遣う」の日本語の言葉の違いをわかりやすく解説します

興味のある方は読んでみて下さい。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top