トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

速く走るコツ 動画で学ぶ簡単テクニック

スポンサードリンク

速く走ることができるのは本当に魅力的ですよね。
運動会なんかでもリレーなどでは活躍できることは間違いなしですし、かけっこなんかでは1等賞をとれますし、クラスの人気者となれそうです。

短距離走、リレーだけではなく、さらにもちろんサッカーや野球などの球技においても走るのが速いことは大きな武器となります。「スピード」というのは最大の武器ですし、走るのが速いと色々なスポーツで活躍ができますので、活躍の幅が広がりますよね。

そこで、走るのが速くなりたい、という方のために今回は早く走るコツというものをご紹介したいと思います。

今は、早く走るコツというのが動画でも見ることができますので、こういった動画を見てみることにしましょう。ぜひ参考にしてみてくださいね。

個人差があるので確実とはいえませんが、短距離走などでより速く走れるようになるためには、色々と効果的な練習方法があります。

まずは、走るのが速い人というのは、もともとの才能で決まっているのではないか…自分はもとから遅いので、どうしようもないのではないか…速く走るのは無理だろう、と決めつけてしまっていませんか?

実は走るのが速い、というのは、走り方を身に付けている、ということになるんです。
走り方を身に付けることにより、短距離走は本当に走ることが可能となります。
このテクニックが本当に大事になってきます。

まず、こちらの動画を見てください。速く走るコツというのが、動画で解説されています。

簡単な動画ですが、基本編、上達編、と分かれています。

「速く走るコツ」を動画で解説|かけっこ、徒競走で1番になる【基本編】

「速く走るコツ」を動画で解説|かけっこ、徒競走で1番になる【上達編】

これらを見てわかることは、まず、走り方を身に付けるためには、練習あるのみということがわかります。

やみくもに走っていたり、練習をしていない場合はいつまでも早くなりません。練習をするようにしましょう。
そして、テクニックを身につけることが必要です。

速く走るには股関節をうまく使え!

テクニックとは、まず一つ目に、股関節をうまく使って走るということ。股関節のスライドなどが大切ですので、股関節の動きを意識すること、などが重要となってきます。
さらに脇をあげないなどの姿勢の問題も大切です。

そもそも、速く走ることについてものすごくシンプルに考えると、まずは姿勢が大切となります。

姿勢が良ければ速く走れる

まずは、こちらの姿勢が良ければ、必然的に速く走れるようになりますので、姿勢から意識するようにしましょう。
姿勢をきれいにするためには、まず視線を固定することです。視線を固定することによって、頭の位置が安定しますので、姿勢が崩れにくくなるので、おすすめです。
さらに、歩幅などの、個性に合わせた、タイプ別の練習をすることが大切です。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top