トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

仕事旅行とは?大人のインターンおためし転職の評判を調べてみました

スポンサードリンク

今の国会で安倍政権が最重要政策としている「働き方改革」。
野党からデータの不備などが問題視され、紛糾していますね。

働き方は今後大きく変わっていくことは間違いないでしょう。

たとえば、今問題となっている裁量労働制度。
労働者が働き方を自由に決められる一方で、一定の労働時間を超えても残業代が支払われません。
また、多くの企業が副業を認めるなど、会社に依存していると取り残される時代となりつつあります。

そんな中、サラリーマンの間で注目されているのが、「仕事旅行」です。
これは異業種での就労を体験できるというもの。

たとえて言えば、子どもが職業体験できるキッザニアや夏休みなどに田舎で行われる農業体験ツアーの大人版のようなものです。

sigotoryoko

・画像引用元:仕事旅行

いわば、大人のインターンおためし転職と言ってもいいでしょう。

そこで、今回は、この「仕事旅行」の内容、評判について記事にしてみました。

仕事旅行とは?

仕事旅行はその名の通り、仕事を体験する旅です。

子どもの頃なりたかった仕事、一度体験したいと思っていた仕事、転職を考えている仕事をなど実際に体験できるのが最大の魅力です。

運営するのは、仕事旅行社という会社。
仕事旅行社のホームページはコチラ

代表取締役の田中翼が金融会社で様々な業界の会社訪問を繰り返した経験をもとに、2011年に設立した会社です。

利用者はは20代後半から30代が中心で、女性6割、男性4割。
女性の利用者の方が多いところが今の時代を反映していて面白いですね。

仕事旅行社では、仕事体験を「おためし転職」と呼んでいます。

仕事旅行社のサービス

仕事旅行社が行っているサービスは段階に応じて3つのコースにわかれています。

・仕事散歩
2時間ほどの仕事体験する短期コースです。

・1日体験コース
仕事を1日体験するコースです。

・仕事留学
5日間ほど仕事を体験する実践的コースです。

在職中でも参加しやすいように、一番参加者が多いのは、1日体験コース。
それぞれ仕事に対する興味に合わせて選択でき、転職や独立などを考える人も数多く参加しているといいます。

ちなみに、現在は月に300人ほどが参加しているそうです。

仕事旅行への参加方法

仕事旅行に参加するには、以下のプロセスを踏みます。

①会員登録
参加するには会員登録が必要です。
登録後に希望する職場に申し込む形となります。

②書類審査
申込み後書類審査が行われます。
通過すると、職場から連絡があるのでスケジュールなどを決めます。

③仕事体験
希望する職場での仕事体験に参加します。
参加日数は仕事先と交渉可能です。

仕事旅行の種類

サイトに登録されている仕事をみてみました。

・不動産コンサルティング会社
・彫金インストラクター
・モーテル経営・運営会社
・個別指導塾
・金属研磨職人
・ファッションスタイリスト
・アナウンサー
・メイド喫茶のメイド
・探偵
・漁師
・デザイナー
・コンテンツプロデュース
・編集職
・広報職
・システムエンジニア
・ペンション支配人
・児童指導員

ざっと紹介しただけでも、様々な職種がありますね。

それぞれの企業の詳細ページもあり、仕事内容が詳しく紹介されています。

仕事旅行の報酬

1日体験がほとんど原則的に報酬はありません。

なかには有給の仕事体験もあります。
インターン体験後正社員採用の可能性がある会社もあります。

仕事旅行の評判

参加者の多くは体験して良かったという肯定的な声が多いようです。

ちなみに、評判が良かったのは、「探偵になる旅」
探偵のイロハを教わってから実際に尾行体験をする5時間半のコースです。

刺激的な体験ができるだけでなく、知られざる探偵の体験談が聞けと評判が良かったそうです。

また、「メイド喫茶でメイドになる旅」や「旅館の仲居になる旅」も人気だったそうです。
ただ体験するだけでなく、その業界独特のおもてなしが学べて良かったという感想も届いているそうです。

まとめ

ということで、今回は仕事旅行というユニークなサービスをご紹介しました。

今の仕事に満足していない人。疑問を感じている人。夢が諦められない人。
一度体験してみてはいかがでしょうか。

おためし転職で、別の世界が見られたり、新しい自分を発見できるきっかけになるかもしれません。
実際、仕事体験で転職に成功したという人も少なくないようです。

かつて「自分探し」という言葉が流行りましたが、仕事旅行はまさに自分探しにぴったりな体験を得られるのではないでしょうか。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top