トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

ポリープ、良性腫瘍、悪性腫瘍の違いをわかりやすく解説します

スポンサードリンク

健康診断の結果、腫瘍があった場合、良性腫瘍だったり、悪性腫瘍だったりどちらなのか…ということをよく聞きますよね。
さらにポリープができた、という話も聞きますが、このポリープ、良性腫瘍、悪性腫瘍、どう違うのか、というのを皆さんは分かっていないという方は非常に多いと思います。

そこで、今回はポリープ、良性腫瘍、悪性腫瘍、この三つの違いについてわかりやすく解説したいと思います。

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

まずは、ポリープというものです。ポリープとは一体何でしょうか?
胃や腸に「ポリープ」ができたという話を聞くことは多いかもしれませんが、まずポリープというのは良性腫瘍の一種となります。さらに、実はポリープというのは医学的に明確な定義などはありません。

ポリープは良性腫瘍の一種

一般的に良性のイボだったり、さらに突起のような物がポリープと呼ばれており、胃や腸にできたポリープの場合などでも、それが悪性でない場合などにはポリープということになっています。

このポリープというのは基本的に良性ですが、詳しく調べてみたらがんだったという時は、悪性ポリープと呼ばれることなどもあります。また、一部のポリープは放っておくと悪性化することもあるといわれていますので、ポリープといえども要注意です。

さらに、悪性腫瘍とはなんでしょうか。

悪性腫瘍は一般的にがんのこと

悪性腫瘍とは一般的にがんのことです。
こちらの悪性腫瘍の最も大きな特徴といえば、「他の組織へ浸潤していきそして転移する可能性がある」ということなんです。
つまり、発生した部位から、さらにほかの組織へ湿潤していき、そして色々な場所へと転移していくといった可能性があり危険な状態となります。

これに対して良性腫瘍ですが、良性腫瘍というのは、基本的に自分の領域を出るということはありませんので、例えば胃にできた良性腫瘍などは十二指腸に移るといった事はありません。

しかし、ガンの場合はガンなので、良性腫瘍だからといって必ずしも安心とは言えないことが多いです。

良性腫瘍でも要注意

良性腫瘍だったとしても例えば、脳幹部に発生したりする髄膜腫などは良性腫瘍の場合がほとんどとなっていますが、治療が困難となっています。

ですので、良性腫瘍であっても、脳幹を圧迫したり命に危険が及んだりする可能性は十分にあります。

良性腫瘍ももちろん、再発する可能性があります。しかし、それは悪性腫瘍の再発とは異なっています。

新しい良性腫瘍が再びできた状態、ということになりますので、再発といってもそこまで難しい事態になることは少ないといえます。
良性腫瘍は基本的には切除することによって、完治するといわれています。

つまり、違いをまとめると、悪性腫瘍(がん)というのは、腫瘍が急速に増殖していき、転移もするというものになります。リンパ節や他の臓器に転移していき、最終的には患者を死亡させるというものになります。

一方、良性腫瘍では腫瘍の増殖が遅いため、転移はしません。
ですので、仮に放置しておいても命に別状はありません。さらにポリープというのはこちらの良性腫瘍の一つとなっています。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top