トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

北朝鮮はなぜ9という数字にこだわる?その意味を解説します

スポンサードリンク

日本と海を隔てて隣の国である北朝鮮。
連日メディアや世界の報道でも取り上げられるように、
世界の中で孤立化が進んでいます。

プリント

しかしそんな状況の中でも、衛星と称したミサイル発射実験や核実験を行い、
韓国や中国はその存在を脅威と感じています。

そんな北朝鮮の中で、「9」という数字が
大きな意味を持っていることをご存知でしょうか。

どうしてその数字にこだわっているのか、
また今後の北朝鮮の動向を予測するのにも「9」という数字が
深く関係してくるであろう、その理由を解明していきましょう。

まず、「9」という数字にこだわっているのには、
北朝鮮が縁起を担いでいるためであると言われています。

故金正日総書記は特にその色が濃く、
その時に重要視していたのが「9」なのです。

故金総書記の2月16日の誕生日は足すと9

どうして「9」なのかというと、故金総書記の誕生日が2月16日であり、
すべての数字を足すと合計で9になるためです。

それゆえに、故金総書記は賭け事をするときも「9」という数字にこだわっていたり、
何かとラッキーナンバーとして用いていたということです。

北朝鮮の建国記念日がは9月9日

また、北朝鮮の建国記念日が9月9日であるという点でも、
異常なまでに「9」にこだわる理由となっているようです。

他にも、北朝鮮国内では故金総書記について
「9」にまつわるゲン担ぎが多々見られます。

他にもある!北朝鮮の「9」にまつわるゲン担ぎ

・元帥推戴日→4月23日→合計で9
・国防委員長就任日→4月9日
・総書記就任日→10月8日→合計で9
・最高司令官就任日みぎ12月24日→合計で9
・故金総書記の選挙区→333選挙区→合計で9
・遺言を残した日→10月8日→合計で9

このように、いくつも数字の「9」に関する例が見つかります。

こうした例があり、さらに近年行われた核実験やミサイル発射の日付も、
合計が9となる日が多く、後継者として国を統治している
金正恩第一書記もこれを利用しています。

金正恩氏の誕生日も1月8日で足すと9

さらに、金正恩氏の誕生日も1月8日となり、こちらも合計で9です。
これは偶然ですが、こんなにも「9」がたくさん見られるということは、
そのこだわりの強さが垣間見れるのではないでしょうか。

このこだわりの強さから考えると、これから北朝鮮が核実験をしたり、
その予告を具体的な日付は無しに行ったとしても、
ある程度の予測を立てることができるかもしれません。

その動きが予測できない危うい国だからこそ、
こうした小さな現象にも気を付けて見ていきたいところです。
世界情勢が不安定になりがちな今だからこそ、
多くの人がこうした現象に気づいていくことも、
何かを変えるきっかけとなるかもしれませんね。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top