トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

パスポートとビザの違いをわかりやすく解説します!

スポンサードリンク

人生の中で、何度か海外に行くこともあるでしょう。

仕事で、旅行で、と目的は違いますが、その際には、飛行機や船と言った乗り物を使うことになります。
仕事の場合は、着くまで長く時間をかけるわけにはいかないので、飛行機を利用する人が多いようです。

f62c27bd7b96162423485a8ad258b1bd_s

初めて海外に出向くという人は、単に航空券やクルーズチケットを持っていたのでは、行先の国に入国することは出来ません。

日本では、様々な手続きに、身分証が必要になり、多くの場合は、運転免許証が大きな役割を果たしてくれます。

その、身分証の海外バージョンこそが、パスポートと言えるのです。
それとは別に、ビザと言われるものがあり、この2つの違いを知らない、2つとも同じ物であるという認識を持っている人が多いのですが、実際には、これは全く違うものなのです。

6b31952b573e900e84e9f3afe1a20436_s

何がどう違うのかというと、まず、前者であるパスポートは、国内で、政府が発行したもの、自身が日本国民であるという証拠となります。

一方、ビザは、入国したい外国側が発行するもので、入国してもOKですという承認証明であります。

その為、2つは全く違うというものですね。

ビザには種類がある

ビザと一言で言っても、様々なスタイルがあり、観光なのか、仕事なのか、学生なのかなど、それぞれの目的によってビザの種類が異なってくるのです。
きちんと申請をしないと、後々トラブルの原因になりますから、忘れずに取得しておかなければなりません。

ビザを取ることによって、観光は勿論のこと、現地に住む友人に会いに行けたり、イベントに参加出来たりと、その国で快適に過ごすことが出来るのです。

パスポートは、どの国に入国する際にも必要であり、個人を証明する為に提示することを義務付けられています。

このパスポートの提示によって、ビザ認定を受けることが出来るのですから、パスポート作成はとても大事な要素であり、そして、それぞれの国に入国する上で、パスポートとビザはどちらも必要不可欠な要素なのです。

ビザ申請が不要の国もある

又、国によっては、観光目的の場合等、一定期間内であれば、ビザ申請が不必要な所もあり、ヨーロッパ旅行の場合は、オランダ・ベルギー・ドイツ・オーストラリア・スイスはビザを必要としていないようです。

その他の国は、ビザが必要になってくるので、現地での取得が厳しいという方は、日本でビザを代行取得してもらうと、容易に取れて、便利ですね。
勉学や労働と言った超期間での滞在の場合は、ビザが必要になってくるので、詳しい内容を聞いておくと良いでしょう。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top