トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

足と脚の違いは?わかりやすく解説します

スポンサードリンク

足と脚。
どちらも読み方は「あし」です。
そして、両方とも人間のあしを指します。

この足と脚。
違いはどこにあるのでしょうか?
そんな疑問を持ったことはありませんか?

035267

そこで、「足」と「脚」の違いを調べてみました。

・足と脚を辞書で調べてみると?

は国語辞書ではこう説明されています。
「くるぶしから先の部分」

一方、は、
「骨盤の下から足首まで」

つまり、こういうことです。
「あし」を足先で表すときは「足」
「あし」を全体で表すときは「脚」

確かに、女性のきれいな「あし」を
「美脚」と表現しますからね。

ちなみに、英語では、
「足」は(foot)
「脚」は(leg)

・足と脚の漢字の熟語の使い分けは?

足と脚を漢字の熟語で使うときも
迷うことがあります。

そこで、調べてみたところ、
文化庁の「言葉に関する問答集」に詳しく記されていました。

「あし」を派生的な意味で使用する場合。

かけあしは「駆け足」、
きゃくあしは「客足」
あししげくじゃ「足繁く」

人や動物など動きがあるもの意味を表すときは。「足」と考えればいいようです。

一方、「脚」の使い方をみてみると・・・

あまあしは「雨脚」
つくえのあしは「机の脚」

人や動物以外の熟語は「脚」を用いるのが正しいようです。

ただし、「雨脚」も「机の脚」は
「雨足」「机の足」でも間違いではないようです。

ちなみに、「えりあし」は「襟足」「襟脚」どちらもOKです。

・きゃくの場合は脚を使わなければいけない

脚は音読みで「きゃく」です。
この場合は「足」ではなく、「脚」を使う決まりがあります。

たとえば、「脚部」「健脚」「橋脚」
カメラの「三脚」は「三足」とは言いませんね。

・「足」は比喩で使われることが多い

足(あし)は一般用語の比喩的な言い回しによく用いられます。

「足を洗う」
「足が出る」
「足を棒にする」

このように「足」と「脚」は調べてみると、
結構面白いことがわかりますよね。

ぜひあなたも上手に使い分けてみてください。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top