トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

「戦略」と「戦術」の違いをわかりやすく解説します

スポンサードリンク

もともと軍事用語として使われていた「戦略」「戦術」という言葉。
最近はビジネス分野でもさかんに使われるようになりました。

この「戦略」と「戦術」。
似た言葉ですが、その違いをきちんと説明できますか?

そこで、「戦略」と「戦術」の違いについてわかりやすく解説したいと思います。

eeb37a392de301c627d761ada70bbac8_s

「戦略」と「戦術」の違いは?

まずは「戦略」ですが、簡単に言えば、
「戦いに勝つための長期的な計画」
ということになります。

そして、「戦術」はこの計画を達成するために、
求められるより具体的で実践的な方法
ということになります。

つまり、最初に「戦略」があり、そのあとに「戦術」がついてくる。
「戦術」はあくまでも「戦略」の一部なのです。

「戦略」と「戦術」はどちらが重要?

いくら「戦略」が素晴らしくても、
「戦術」がダメなら、戦いに勝つことはできません。

従って、「戦術」の方が重要となります。

ただし、「戦略」があまりにも非現実的だったり、
現状にそぐわないものであれば、
「戦い」は不利になります。

たとえば、国家レベルで「戦略」と「戦術」を考えてみると、
戦略を立てるのは政治家であり、
その最たる人は大統領や総理大臣などの
国家指導者となります。

これを戦争にあてはめると、
「戦略」は政治家、「戦術」は軍人が担うことになります。

一方、ビジネスの世界にあてはめると、
「戦略」は経営者、「戦術」は従業員という図式になります。

経営者がどんなに良い「戦略」を立てても、
従業員の「戦術」が劣っていれば、
会社はうまくいきません。

変更不可の「戦略」と変更可能な「戦術」

両者の違いでもうひとつ重要なのは、
「戦略」は原則的に変更は不可ですが、
「戦術」は変更が可能だということです。

「戦略」を実現する過程で、
うまくいかなければ、「戦術」を変えることで、
成功することもあります。

このように、「戦略」と「戦術」は、
きちんと機能して初めて成功につながる訳です。

いかがでしたか?
「戦略」と「戦術」はどちらも重要ですが、
実現性のある綿密なプランが必要なのです。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top