トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

中学受験 親の学歴と年収は合格に比例する!?

スポンサードリンク

お子さんの将来のためにと、中学受験を考える家庭が増えてきています。
中高一貫校であったり、名門に通わせることがステータスだというような流れもありますが、
やはり一番には、学力向上や、一度しかない学生生活をより謳歌してほしいという願いがあるからなのではないでしょうか。

091769

しかし、その大切な中学受験時、親としては自分の経歴が子どもの受験結果に影響を及ぼすのではないか?と、とても気が気ではありませんよね。

面接はうまくいったと手ごたえがあったのに、落ちてしまった。
どうしてだろうと考えた時、親である自分の学歴や年収が低いからなのでは?と、
原因を考えて絶望してしまったという話も聞きます。

しかし、本当に中学受験で、親の年収や学歴が大きく影響しているのでしょうか。

親の経歴だけで合否を大きく左右されることは少ない

これは、その学校のやり方によるため、一概には言えません。
しかし、最近では少子化の影響で、学校側も生徒獲得に必死であるのも事実。
そのため、子どもがたくさんいた時代と比べると、
親の経歴だけで合否を大きく左右されることは少ないと言います。

年収で判断されるとしたら、
本当に学費を納めることができるのか。
教材や塾、学外の行事などへ気持ちよく送り出せるほどの経済力があるのか
という点を、懸念されることはあるかもしれません。

年収が低いから、人として下であるというような、極端な見方をされるわけではありません。
その学校が目指す教育のレベルのために必要な学費などを、
しっかりと納めてもらわないことには、学校側も困ってしまうのです。

親は学歴より面接時の印象や人柄で判断

親の学歴に対しては、今では学歴よりも、面接時の印象や人柄で判断される場合が殆どです。
高学歴でも、面接時の受け答えや教育に対するビジョンなどがあいまいでは、合格になることはないのです。
また、教師も親とはもめ事を起こしたくないもの。
しっかりとした考えをもっているのか、常識的な親であるかのほうが、
学歴よりもずっと大切なポイントなのです。

親の経歴が重要視されていないというわけではありませんが、
ナーバスになりすぎても意味がないと言えます。

片親だけど中学受験ができますか?という質問がありましたが、
片親であっても有名中学に入学している生徒さんは多数いる
のです。

親が自分を卑下してしまうと、
子どもも自信をもって受験することができなくなってしまいます。

親として、経歴ではなく、受験当日に
子どものためにしてあげられることを、最大限にしてあげる。
これが一番大切なことではないでしょうか。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top