トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

婚約指輪と結婚指輪の違いをわかりやすく解説します

スポンサードリンク

カップル間で、プレゼントとして一段と意味合いがあるのが
「指輪」ではないでしょうか。

「○年記念」と言って、記念日のプレゼントにしたり、
ちょっと出かけた先で可愛い指輪が売っていると、
価格が手ごろならばペアで購入するということも少なくありません。

しかし、そんな指輪の中でも、一段と意味があるものが、婚約指輪と結婚指輪です。
男性にとっては、お金のかかること…と、少し話題を避けたいものでもあるかもしれません。
ですが、同時に大切な人に贈る、たった一つの大きな贈り物なのです。

a98a3b0c2860d4d9cd505297ac8222f7_s

婚約指輪は、お付き合いしている時に、
結婚を決めた相手にプロポーズと共に贈る印象が強いですね。
プロポーズの言葉と一緒に、指輪の箱を渡すというシーンは、女性の憧れでもあります。

婚約指輪は「婚約」という誓いを形に表すのが目的

また、婚約指輪を、結婚が決まり、その後結納の席で初めて送りあうという形もあります。
「婚約」という誓いを形に表すというのが目的であり、
ある意味では契約書の代わりにもなっているのです。

婚約指輪の相場は、「給与の3ヶ月分」などと言われますが、
実際は20〜40万円前後。
給与の1ヶ月分より少し多いくらいでも購入可能なんです。

また、デザインも凝ったものが多く、
ダイヤモンドなどの大ぶりの石が飾られている場合もあります。
アクセサリとして、場に映える様なデザインが多いのが特徴です。

これに対して結婚指輪は、入籍したカップルの指輪です。
結婚式がチャペル式の場合、指輪交換でお互いの指につけるのが結婚指輪です。

結婚指輪はペアでオーダーするもの

婚約指輪は男性が女性に贈りますが、結婚指輪はペアでオーダーをします。
デザインが対になっていたり、お互いの誕生石を飾ったりなど、
豊富なバリエーションがあります。

しかし、婚約指輪に比べるとシンプルで、
毎日つけていても邪魔にならないというのがポイントです。
夫婦になりましたという誓いがこめられているので、
やはり日常的につけることができるのを前提とされています。

結婚指輪は、価格も婚約指輪に比べると安く、10万円ほどから用意されています。
ペアで、婚約指輪1つに満たない場合もあるほどです。

飾りの石もサイズが小さく、家事などの邪魔にならないのがポイント。
シンプルで存在感があるのが、結婚指輪の特徴
です。

この2つに意味の違いはあれど、大切な節目に贈る、または交換する、
大切なギフトであることは変わりありません。
カップル2人にとっての1番重要なアクセサリ。
しっかりと吟味して、素敵な指輪を選びたいものですね。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top