トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

うつ病と仮面うつ病の違いをわかりやすく解説します

スポンサードリンク

今現在ストレスに悩まされているという方はとても多いと思います。
こういったストレスから、「うつ病」という病気は現代病となっており、いまうつ病で悩んでいるという方、さらにはうつ病で社会生活が困難となっている方は多いと思います。

一昔前までは、うつ病なんて、怠けているだけだ、とかうつ病というのは気のせいだとかそういったことを言われたりすることもありましたが、うつ病というのは立派な病気ですし、心療内科へ通院し、内服をしたりするなど治療をしなければならないといった病気なんです。

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s

このうつ病ですが、悪化してしまうと、大変なことになることもあります。

しかし、このうつ病に対し、さらには「仮面うつ病」というものも今話題となっていますよね。

「仮面うつ病」というと、なんだかイメージ的に嘘のうつ病のようなイメージがあると思いますが、これは違います。

そこで、この仮面うつ病というもの、さらにうつ病というものとはどういった違いがあるのでしょうか。今回はこれらの違いについて解説したいと思います。

まず、うつ病というのは、症状として、気分がすぐれない、さらにはやる気が出ない、何をしていても楽しくないといった気分障害があるものを言います。

さらには、食欲不振だったり、体がだるいなどの症状もあり、さらには睡眠障害、不眠症などが起こったりもします。

このうつ病ですが、適切な治療をすれば回復しますが、放っておくと悪化し、社会生活が困難となるなど様々なことが起こります。

これに対して、仮面うつ病というものは、まずはこのうつ病が隠れている、という状態を指すようです。

仮面うつ病の症状は原因不明の身体的不調

たとえば、体がだるいさらには、胃の不快感だったり、頭が重い、頻尿、めまいさらに、動悸、発汗、口の渇きなど、色々な症状が起こり、とにかく体調がスッキリしないという方が、内科などで受診をしてみても原因が分からないという場合、こういった場合は、仮面うつ病であることが多いようです。

こういった仮面うつ病の場合は、内科などで薬を処方してもらってもちっとも改善されない、といったことがあるようですね。

あるクリニックでは「仮面うつ病」というとわかりにくいので、患者さんなどに分かりやすく説明するため、正式名称で「仮面うつ病」と表現せず「隠れうつ病」というように表現しているそうです。

精神症状というものが、うつ病のように、前面に表に出ていれば、「うつ病である」といった診断が容易にできます。
しかし、仮面うつ病の場合は、うつ病と違って、身体症状が前面に出るといったことが特徴です。

まずは、「体の調子が悪い」というのが前面にきますので、内科などを受診して、原因が分からないことがあったり、さらには本人もうつ病である自覚がないといったことが多いのが特徴となります。

いかがでしたか?うつ病と仮面うつ病は、こういった違いというものがあります。
心当たりがある方は、ぜひ一度病院を受診するようにしてみてくださいね。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top