トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

差し歯の費用 料金の相場と安くすませる方法

スポンサードリンク

何らかの理由で歯を差し歯にしなければならない場合も多いと思います。

丈夫な歯で一生過ごしたいですが、中には虫歯などがあり、さらには歯周病による治療などで差し歯にしなければならないという方もいらっしゃるでしょうし、そういった場合は治療が必要となります。

そこで、差し歯なんですが、差し歯は保険がきくのか?というところから始まり、料金などを詳しく知らないということもたくさんいらっしゃると思います。

いま話題のインプラントはとても高額な治療費がかかりますが、差し歯の場合は一体どのぐらいが相場となっているのでしょうか。

そこで、今回は差し歯の費用についてご紹介したいと思います。
料金の相場だったり、さらには安く済ませる方法についてご紹介しますのでぜひ興味のある方は参考にしてみてくださいね。

cd567be08bf21b436420da60675a562d_s

差し歯の種類には様々なものがあります。ですので、この種類によって料金(価格)というものに大きな差があるようです。

ですので、どの種類の差し歯になるのかということは、歯や噛み合わせの状態だったり、さらには患者さんの希望などを考慮した上、そして歯医者さんと話し合って決めるということになるようです。

差し歯の料金は保険内と保険外では大きく異なる

まず、料金の相場ですが、まず保険の差し歯が3000円〜8000円なのに対し、保険外の差し歯は4万〜20万円となっています。

ですので、保険の差し歯、そして保険外の差し歯では、料金 などが全く異なりますし保険外だとかなり料金が高くなってしまう傾向にあります。

保険ではほとんどのケースなどで、1本1万円弱であるということに対し、保険外の場合などは安くても4万円程度という料金になります。

さらには、オールセラミックの差し歯になった場合は、1本10万円以上もする場合もあるようです。

保険の差し歯では、白い材料に使えるのは、プラスチックであるレジンのみとされていて、そして奥歯は銀歯となるのが一般的です。

そしてこれに対して、保険外の差し歯は、セラミック(陶器)だったり、さらにはジルコニアなども使用可能となっていて、さらには 奥歯にも白い材料などを使うことができるとされています。

保険の差し歯の場合には、「レジン」というプラスチック製の材料しか使えませんので、数年経つと必ず変色してくるとされています。

保険外の場合には「セラミック」や「ジルコニア」など、審美性が高く、変色しない材料を使うことができますし、さらには奥歯でも白い材料などを使用することが可能となっています。

保険の差し歯が取れたときは無償で対応してもらえる

ですので、できるだけ安く歯科治療を行いたい、そして安い差し歯にしたいという場合は保険内の差し歯にすることをおすすめします。

さらには、保険の差し歯にはほとんどの場合「補綴物維持管理」というものがあります。
こちらは、差し歯が取れたり、外れたり、さらには壊れたなどの場合などにも、治療をした歯科医院などに行けば無償で対応してもらえるとされています。

ですので、安く治療をしたいのならば保険の差し歯の方が良いでしょう。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top