トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

ビジネススクールと大学の違いをわかりやすく解説します

スポンサードリンク

似たような言葉で、しかし全く意味が違うといったものがありますよね。

同じようでも全く違っているので、これらの言葉や、単語を一緒にしてしまったり、意味を取り違ってしまったりすると、痛い目に合うことがあります。

今回は、ビジネススクールと大学の違いというものを分かりやすく解説したいと思いますので、ぜひ参考にしてしてくださいね。

db17eef3b03594c8d078974d1dc0b15f_s

まずは、ビジネススクールとは何かといいますと、世界の各大学などに設置された経営学、そして関連した科目を学ぶという学校をさします。

ビジネススクールはMBAを取得できる

さらに、ビジネススクールは、卒業すると経営学の学士だったり、さらには修士、つまりMBAを取得することができるというのが特徴です。

代表的なビジネススクールというと、まずは海外では、アメリカのハーバード・ビジネススクールだったり、さらには、ペンシルベニア大学ウォートンスクールなどが有名ですね。

さらには、イギリスのロンドン・ビジネススクールなども有名ですし、世界にはいくつかこういったビジネススクールが存在します。

また、日本国内ですと、たとえば、慶應義塾大学大学院経営管理研究科だったり、さらには名古屋商科大学大学院や、テンプル大学日本校、フォクスビジネススクールなどが存在します。

ビジネススクールは経営学、関連した科目などを学ぶといった特徴に比べて、大学というものは、学問領域に応じ様々な学部だったり、学科などを設置してされているのが特徴となっています。

受験生は入学試験の段階において、好きな学部・学科というものを選択することになります。
さらには、大学によっても、設置されている学部だったりもちがいますし、学科というものは異なってきます。

今は、大学によっては、取得できる資格などが違ってきており、教育関係の資格を取ったり、さらには図書館司書だったりの資格を取れるという大学もあります。

さらには、医学部、看護学部といった医療系の大学もありますし、ビジネススクールとは違い幅広い学科というものがあるのが特徴ですし、将来の幅というものも大学には広がりがあるといえるでしょう。

ビジネススクールは社会人の入学が多い

ビジネススクールは経営学をさらに勉強したいという社会人の方などが入学していることが多いという点に対し、大学は高卒者18歳からの入学が多いといった点でも違いがあります。

もちろん、大学も社会人になってから入学するということも可能ですが、またその勉強する学問というものもビジネススクールとは変わってきています。

大学は教養を学ぶというところでもありますが、ビジネススクールはやはり企業で働く際の知識、経営力を身に着けるといったことに特化しているとも言えるでしょう。

いかがでしたか?
ぜひこの違い、頭に入れておいてくださいね。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top