トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

「超える」と「越える」の違いは?正しい使い分け方もわかりやすく解説します

スポンサードリンク

「超越する」という言葉がありますよね。
意味は「普通の程度を、はるかに越えること」です。

この「超越」という漢字を分解すると、
それぞれ「超える」「越える」という言葉になります。

どちらも読みは「こえる」

「超える」と「越える」の違いって何?
2つの漢字の使い分け方は?

あなたはきちんと説明することができますか?

そこで、「超える」と「越える」の違いをわかりやすく解説したいと思います。

nayamu

「超える」とは?

「超える」を辞書で調べると・・・

「ある基準・数値を上回ること」
「自分の考え方や立場からさらに先へ進む」

「越える」とは?

「越える」を辞書で調べると・・・

「障害物や境界線の上を通り過ぎて、向こう側へ行く」
「ある日時が過ぎる」

「超える」と「越える」の違いは?

それぞれの意味から、以下のような違いがあることがわかります。

「超える」基準や数値を「こえる」
「越える」障害物や境界を「こえる」

ここからわかるのは・・・

「超える」は「目に見えない基準や数字に対して使う」
「越える」は「目に見える物体に対して使う」

では、具体的に正しい使い分け方をみていきましょう。

「超える」の正しい使い方

「超える」は以下のように使います。

「反対する人が50%を超える」
「社員の数が100人を超える」
「予定していた目標を超える」
「自分の想像を超える」
「自分の理解を超える」

「越える」の正しい使い方

「超える」は以下のように使います。

「あの山を越える」
「軍隊が国境を越える」
「病状が峠を越える」
「ハードルを越える」
「寒い冬を越える」

まとめ

ということで、「超える」と「越える」の違いと正しい使い分け方をご紹介しました。

では、最後に問題です。

「限界をこえる」
「壁をこえる」

それぞれ漢字を当てはめて下さい。

「超える」は目に見えない物。
「越える」は目に見える物。

したがって、正解は・・・

「限界を超える」
「壁を越える」

いかがですか?
これでもう使い分け方に悩むことはないのでしょうか?

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top