トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

「金利」「利息」「利率」の違いをわかりやすく解説します!

スポンサードリンク

毎日生活をしていく上で、お金は重要な要素を占め、その為には、毎日働かなければなりません。

働くことで、収入を得て、その報酬で生活費に当てたり、遊びに当てたり、様々な使い道をすることで、毎日、より潤いのある生活を送ることができるのです。

しかし、毎月の収入ではどうしても足りない、突発的な支出というのがあり、そういった場合は、貯金から引き落としたり、誰かに借りる必要があります。

bf66723809a49bfa93e7c007e5b2220f_s

人から借りる・・・それは家族や身近な存在の方が、借りやすいという手前、選びそうですが、身近な存在だからこそ、もしも返済の問題でトラブルが生じた時に、こじれやすく、家族内での問題であれば、家族から絶縁宣言をされかねません。

そんな人たちのためにあるのが、消費者金融であり、銀行であり、審査に通れば、希望する額を借りることができます。

勿論、返済する必要があり、日に応じて利息が付くので、元金よりも多いお金を支払わなければなりません。

利息・・・それは借りた金額に応じて日数に応じて支払うものですが、その他にも、金利や利率という言葉があり、それぞれ何が違うのかというのを説明出来る人はあまりいないでしょう。

そこで、「金利」「利息」「利率」の違いについて考えてみましょう。

これらの言葉は、実際の金額で表記されるものと、パーセンテージで表記されるものがあります。

金利と利率はパーセンテージで表記

借金して、それを支払う金額のことを、利息と言い、その他の金利と利率は、パーセンテージで表記されます。

つまり、実際に借りた額を返そうという場合は、「元金と利息を返す」と言った使い方をし、元金に対する借入日数から計算したレートを、金利や利率という形で表記します。

利息は借りる側、利子は貸す側

よく間違うのですが、利息と同じように利子という言葉があり、この2つはどう違うのかというと、根本的な違いはないのですが、受け取る側と返す側での名前の違いと言えます。

例えば、債権者が返済をする際に元金と一緒に支払うのが、利息と言い、逆に貸し側が返してもらうのを利子と呼んでいます。

大体使う場合の対象は、前者はクレジットやローンでの返済の際の言葉、後者は、銀行等に積み立てているお金に対する利益分を意味するでしょう。

銀行の通帳をたまに記帳すると、預かりにて、利子が付いていることもありますが、ほんのわずかな金額でも、やはり嬉しくなりますよね?

このように、今まで間違って使っていた、違いが分からなかったという人も、今日からは「金利」「利息」「利率」を使い分けて、キャッシングやローンを賢く利用しましょう。

勿論、計画的に借りることが大前提で、無理な借り入れは、控えるようにしましょう。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top