トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

バターとマーガリンの違いをわかりやすく解説します!

スポンサードリンク

日本人の多くは、朝は和食で、ごはんに、納豆に、海苔に卵焼き、そしてお漬物に、お味噌汁、これが日本の定番朝ごはんだ!なんていう人も多いでしょう。

しかし、最近では、若者の多くは、洋食を好んで食べますので、ごはんというスタイルを、しかも朝からしないかもしれません。

では、何を食べるのかというと、パンです。
食パンを焼いて、マーガリンを塗って食べる、温かいスープを飲んで、サラダ、これだけで立派な朝食ですよね。

2f68940cc8252ea742380ef8bb043cc3_s

それに、ベーコンエッグなんて付いた日には、その日一日が楽しいものになりそうです。
しかし、パンに塗るのはマーガリンが多く、バターを塗ることはあまりありません。

なぜなら、バターは硬くて、塗るのが大変な上、カロリーが高いというイメージが強いので、避ける若者が多いからで、確かに、マーガリンよりも、カチカチなので、塗るのは大変そうですね。

最近では、柔らかいバターも出てきましたが、そもそも、バターとマーガリンは一体何が違うのでしょうか?

まず違うのは、それぞれに配合されている成分が違うということです。
又、製造工程も違いますし、風味も違ってきますので、匂いを嗅ぐだけで、食べるだけで、違いを十分に理解できると思います。

バターとマーガリンは配合成分が違う

バターは乳脂肪分が8割以上、一方マーガリンは、油脂含有率が8割以上となっています。

出来るだけ軽く、カロリーを抑えたいというダイエット志向の方は、マーガリンがお勧めとされていて、実際、マーガリン摂取量は多いのです。

牛乳の脂肪分で作られているバターに対し、マーガリンは植物性の油分で作られているという決定的な原料の違いがあり、植物性油は、大豆・バーム・コーン・菜種等様々ですから、その原料によって風味も違ってきます。

ここに、乳や乳製品、添加物等を入れて作られるので、その商品によって味に違いが出てきます。

又、製造によっても違いがあり、バターは、牛乳から乳脂肪を凝集させて作り、一方、マーガリンは、植物性脂肪に水素を入れて、添加物を入れて、固体に固めたものです。

バターはビタミンAが豊富

栄養の面からしても、違いがあり、バターは高カロリーというイメージが強いのですが、ビタミンAの量が豊富で、不足がちな人は是非とも摂取すべき食品なのです。

そして、風味が高い為、お菓子作りにも、洋風料理にもぴったりで、レシピも多数ありますので、毎日の料理に大活躍してくれます。

形はすごく似ているのですが、味や香り、そして、原料や製造工程等トータル的に考えると、やはり、全く違う商品であるということがお分かりいただけるでしょう。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top