トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

FXと外貨預金の違いをわかりやすく解説します

スポンサードリンク

日本国内で資産を運用しようとしても、利益が全然出ないし、
このままだと将来のことが心配…、こんな風に感じている人は多いのではないでしょうか。

老後の資金や、このまま銀行が破たんしたりしてと考えると、
自分のお金をどういう風に動かそうかということは悩ましいものです。

そんな中で、最近増えてきているのが「外貨預金」や「FX」を利用しての資産運用です。

e72001241f07a3b9254583c491b3004d_s

簡単にいうと、これらは自分の資産を外国のお金に変換して金利を得たり、
もっと増やしていくというやり方なのですが、やってみたくても
難しいイメージがありすぎて手が出ないという方もいます。

「外貨預金」や「FX」とはどういったものなのか、
また2つのやり方にはどんな違いがあるのかをまとめてみました。

外貨預金とは?

日本の銀行で外国のお金を買い、口座に預けておくやり方です。

日本国内では、銀行にお金を預けていても非常に金利が低く、
ときには1年で0.001%などという少しの利益にもならないことがあります。

しかしこれが、例えば米ドルで預金しておくと0.25%ほどにまでアップさせることができ、
日本の通貨よりもずっと有利な金利を得ることが可能なのです。

普段利用している銀行で預け入れができるので手軽であり、
為替の変動によっては金利とは別で利益を得ることができます。

FXとは?

FXは外国為替取引の中のひとつで『外国為替保証金取引』と言います。

取引する会社へお金を預けるという点では外貨預金と同じですが、
自分が預けたお金よりもずっと大きな金額での取引ができる、という点で大きく異なります。

例えば、10万円を預けておいたとき、外貨預金では10万円に対する金利と
為替変動での利益がつくのですが、FXの場合は倍率を設定することによって
利益を何倍にも大きくすることができるのです。

これを“レバレッジ”と言います。

レバレッジはもちろん1倍でも設定することができますし、
25倍、50倍、100倍など様々です。

レバレッジは、たとえ1000円しか持っていなくて1000円で取引を開始しても、
100円の利益が出た時に25倍なら2500円の利益、
100倍なら10000円の利益を得ることができるというシステムなのです。

また、FXの取引では、外貨預金よりも手数料が低くて取り扱いやすいことから、
短期間で大きな利益を生むことができます。

しかし、もしものときの損も大きくなってしまう
というリスクがあることも忘れてはいけません。

まとめ

外貨預金もFXも、国内の自分のお金を外国のお金として預けておくことによって、
為替変動や金利によって利益を効率よく得ることができるものです。

しかし、外貨預金はリスクは少ないですが手数料が大きい、
逆にFXはリスクが大きいけれど手数料が低く、短期間でも利益が望める…
という違いがあります。

これから始めてみようかという時には、しっかりと疑問点を解決して、
不利な取引が起こらないようにしていきましょう。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top