トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

離婚慰謝料 知っておきたい多く請求できるケース

スポンサードリンク

離婚をしようと考えた場合慰謝料がほしいと考えるのは当然のことですよね。
離婚をするにあたって、精神的にダメージを追った場合などは慰謝料を請求できるということが多いようです。

そして、離婚するにあたっても、相手から不当な行為を受けた場合などには、慰謝料を請求したいと思うのが通常ですよね。

64a160b2b13714701ec934966da592c4_s

そこで気になるのが、「慰謝料っていくらもらえるのだろうか?」ということだと思います。

今回は、この慰謝料について、多く請求できるケースというものをご紹介したいと思います。
同じ慰謝料をもらうのにも、慰謝料を多く請求できるケースというものが結構ありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

慰謝料は100〜300万円が相場

まず、慰謝料の金額ですが、こちらは大体が100〜300万円が相場とされているそうです。
DVなどの場合は50万円〜となっています。
受けた精神的ショックについても正当な補償を受けれるといったことになっていますので、たとえば、この相場よりも多くもらえるケースというものも存在するようです。

具体的にどういったことが慰謝料の金額に影響を与えたりするのでしょうか。
そして、どのようにすると慰謝料を獲得することができるのか、ということについてご紹介したいと思います。

結論からいうと、慰謝料の金額は明確に決まっていないというのが現状です。
ですので、慰謝料の金額ですが、話し合いの場合で、自由に決めることができるようですね。

不倫が原因の場合は多く請求できる

慰謝料の金額は、たとえば、不倫・浮気を原因とする慰謝料請求の場合、さらには、セックスレスの場合の慰謝料の相場などが大体多くもらえるケースだといわれています。

極端な例ですが、相手が社会的地位ある人だったりして、その方が不倫をしたような場合だと、1億円支払ってもらう、といったことも可能だそうです。

さらには、条件次第で慰謝料が多くもらえることが多いようです。

たとえば、婚姻期間が長ければ長いほどに、相手の行為を受けた場合などの、精神的苦痛は大きいとされていますので。婚姻期間が長いと慰謝料などが高額となる傾向があるようです。

さらには、相手の年齢、そして収入なども重要です。

相手の年齢が上であれば上であるほど、さらには社会的地位が高く収入などが高ければ高いほど、慰謝料も高額となっているようですね。

そして、養育が必要な子どもの数なども、子どもの数が多いほど、慰謝料も高額となる傾向があるようです。

いかがでしたか?
慰謝料が高額になるケースというのは、様々なケースがありますので、一度自分たちの場合はどれぐらいもらえるのかということを弁護士に相談してみるのがベストとなります。

しかし、これらのケースにはきちんとした証拠が必要となりますので、証拠は押さえておく必要がありますね。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top