トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

障害者差別解消法とは?何がどう変わるの?

スポンサードリンク

最近は企業やお店、公共施設などでは、
障害者に対する配慮が進んでいて、
バリアフリーという言葉もすっかり定着してきました。

そんな中、2016年4月から施行されたのが、
「障害者差別解消法」という法律です。

この法律によって、一体何が変わるのか?
疑問を持つ方も多いのでは?

そこで、新しくできた障害者差別解消法について調べてみました。

kurumaisu

障害者差別解消法成立の経緯

障害者差別解消法は2013年6月の通常国会で可決されました。
この法律の目的は文字通り障害者差別の禁止です。

法律制定の元となったのは、2006年12月の国連で採択された
「障害者の権利に関する条約」です。
同条約は障害者への差別禁止や障害者の尊厳と権利の保障を
義務づけた国際人権法に基づく人権条約で、
世界133か国が批准しています。

「日本には障害者差別を禁止する法律がない」
と国連から指摘されていたことから
法律を制定しようという動きが高まったのです。

障害者差別解消法の中身

2013年国会で障害者差別解消法が成立したとき、
実は、もうひとつの法律も可決されました。

それは「障害者雇用促進法」の改正案です。

この法律は障害者の雇用で差別をなくすというもの。
事業主に対して、募集、採用、待遇では、障害者でない者との
均等な機会を確保するよう求める内容で、
障害の特性に配慮した施設の整備を義務づけられました。

一方、「雇用以外」の分野での差別を解消しようというのが、
「障害者差別解消法」です。

法律では、行政機関による障害者に対する
「差別的な取り扱い」を禁止しています。
行政サービスを行う場合は、障害者が排除されることが
ないようすることが義務づけられています。

そして、障害のことで差別されたら、
役所の専用窓口で相談することができます。

たとえば、障害者差別をしたお店や会社などは、
役所に報告を求められ、注意を受けることがあります。

具体的には・・・

○店に入ろうとしたら、車いすを理由に断られた
○アパートなどの契約で障害を理由に入居を断られた
○スポーツクラブやカルチャー教室で障害を理由に入会を断られた

ちなみに、障害者差別解消法が禁止しているのは、
役所、会社、お店などでの差別で、個人間の差別は含まれません。

障害者差別解消法の問題点

障害者差別をなくす目的で制定された
障害者差別解消法ですが、問題点もあります。

それは罰則規定があいまいな点です。

障害者差別解消法では、違反があった場合、
直ちに罰則を課すことはありません。
繰り返し差別行為が行われた場合に報告義務が生じます。

これに対し、虚偽の報告をしたり、報告を怠ったりした場合、
罰則(20万円以下の過料)の対象になるのです。

また、法律では、障害者を手助けするための
合理的配慮が求められています。

障害のある人が生活の中で制限をもたらす
社会的障壁を取り除くとしていますが、
これは努力義務にとどまっています。

まとめ

障害者への差別をなくすために施行された
「障害者差別解消法」ですが、
法律的にはまだ改正の余地がありそうです。

とはいえ、障害を理由に差別された人が
声を上げられる制度ができたことは、
評価してもいいのではないでしょうか?

「障害者差別解消法」をきっかけに、
差別のない社会が来ることを望みたいですね。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top