トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

郵便振込と郵便振替の違い 間違えやすい用語を解説します!

スポンサードリンク

皆さんは、郵便振込と郵便振替の違いをご存知でしょうか?

これらの用語は、非常に似ている言葉なので、混同してしまいやすいですが、それぞれ意味があります。

そこで、今回はこちらの郵便振込、郵便振替の違いについてご紹介します。

9565b2ce452266de889c579548421cda_s

よく通販などでも使われますが、これらは割と間違えやすい用語ですよね。
そこで、解説しますので、違いがあまりよくわかっていない、という方はこの機会に考にしてみてくださいね。

郵便振込は造語

まず、「郵便振込」というのをよく聞きますが、本当はこちら実はもともとは無い作られた造語なんです。

こちらの「郵便振込」というのは、実は銀行振込の、「銀行口座に振り込む」という意味と同じように、「ゆうちょ口座に振り込む」という意味で使われている、作られた言葉です。

ですので、郵便振込、と書かれている場合は、銀行振込と同じように、ゆうちょ口座に振込をする、ゆうちょ口座に現金を振り込む、ということを指すのです。

では、郵便振替の方は、一体どういう意味なのでしょうか。

まず、銀行口座もそうですが、ゆうちょ口座は現在、2種類有ります。

それは、主に送金専用である「振替口座」というものと、さらには、よく使われている、一般的な普通の「総合口座」です。

このゆうちょの口座同士で送金することを「振替」と呼びます。
つまり、この郵便貯金口座同士で送金する方法を「郵便振替」としているようですね。

ですので、郵便振込と、郵便振替では似たような用語でも意味は少し違うということが分かりますよね。

ゆうちょ銀行口座同士の送金が郵便振替

最近では、郵便貯金は民営化されましたので、正確には「ゆうちょ銀行口座」です。
ですのでこの「郵便振替」というのも正確に言うと、郵便振込と同様、いまとなっては死語なんですが、いまだに以前の名残として使われているようです。

いま通販なんかで「郵便振替」と指定されたりしますよね。この指定される「郵便振替」というものにはさらに2通りの意味合いなどがあります。

まずは、ゆうちょ銀行総合口座あてに送金するといった、同じゆうちょ銀行口座同士の送金というものです。
もう一つは、ゆうちょ銀行振替口座あてに、送金するといった方法です。

とりあえず、ゆうちょ銀行口座同士で送金することを郵便振替と呼びますので、これを頭に入れておくことが大事です。

郵便振込と、郵便振替の違いの解説ですが、いかがでしたでしょうか?
つまり、結論から言うと、「郵便振込」と「郵便振替」は、それほど大差は無いということが分かります。 

相手側の用意している「ゆうちょ口座」に送金するというだけの話であり、こちらもゆうちょ口座がある場合は、呼び方が変わってくるということになります。

送金先である口座の種類だったり、さらにこちら側の口座の有無などによって、送金の手続き方法だったり、あるいはこのように呼び方が全然変わってくるので、気を付けてくださいね。

どちらも、作られた言葉であり実際は正式名称ではありませんが、良く使われている言葉なので意味を知って使っていきましょう!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top