トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

iPhoneのロック解除できない、スライドできない時の緊急対処法

スポンサードリンク

スマホの中でも人気ナンバーワンのiPhone。
便利で手放せないという人も多いですよね。

3b077f87209d558609778bf5b145dd38_s

しかし、そんなiPhoneが突然操作できなくなったら?

まれにこうしたトラブルが報告されています。

iPhoneのスライドができない

iPhoneを使う時は画面をスライドさせて、
ロックを解除する必要がありますが、
指でスライドできなくなることがあります。

画面操作が一切できなくなるため、
お手上げの状態になりますよね。

原因で考えられるのは、
iPhoneのiOSの不具合
です。

こうした場合は、以下の方法を試してみてください。

・スリープボタンを長押して電源を入れ直す

本体のスリープボタンを長押します。
画面に「スライドで電源オフ」が表示されれば、
横にスライドして一度電源をオフにします。

そして、再びスリープボタンを押して電源をオンにします。
これでiPhoneは操作できるようになるはずです。

・スリープボタンを長押してもダメなとき

しかし、スリープボタンを長押しても、
まったく画面が反応しないときもあります。

そんなときは強制的に再起動(リセット)しましょう。

方法はスリープボタンとホームボタンを同時に長押しします。
長押しはアップルマークが表示されるまでやります。
りんごのログが現れたら、指を離して大丈夫です。

以上の2つの方法で、たいていはトラブルを解消できるはずです。
もしそれでも操作できないときは故障の可能性大です。
アップルストアに修理を依頼してください。

・スライドはできるが、パスワードを忘れたとき

パスワードの入力ミスを10回以上続けてしまうと、
使用できなくなってしまいます。

パスワード(パスコード)が不明の場合、
iPhoneを出荷状態(初期化)に戻す必要があります。

ただし、初期化すると、データがすべて消えてしまうので、
iPhoneのバックアップを取りましょう。

パスワードがわからなくても、
パソコンのiTunesにつなげば、バックアップできます。

バックアップが完了したら、初期化をします。
そして再びiPhoneをiTunesに接続し、
バックアップから復元をします。

これでiPhoneが使えるようになります。
iPhoneが操作できなくなると、
ついつい焦ってしまいますが、
あわてずにこの解決法を試してみてください。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top