トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

きれい好きと潔癖症の違いをわかりやすく解説します

スポンサードリンク

掃除をきちんとするのはきれい好き。
床がぴかぴかだと嬉しいのはきれい好き。

でも、時々そんな一面を見せると、「潔癖症だ」と言われてしまう人もいます。

「きれい好き」と「潔癖症」の線引きはとても難しい

「違うよ!」と反論する人が殆どですが、
「きれい好き」と「潔癖症」の違いや線引きはとても難しいのです。

112984

きれい好きというのは、単に掃除を丁寧に行ったり、
人よりも手を洗う回数が多かったりなど、
そういった印象を人に与える場合のことを指します。

小さなほこりを綺麗になくした時に、
自分自身が満足するということも、きれい好きからくる気持ちです。

しかし、潔癖症は少し違います。
丁寧に掃除をした後で、それを崩されるのがたまらなく嫌だと感じてしまうんです。

例えば綺麗にそろえた本棚の順番を乱されたり、
インテリアの位置が少しでもずれるのがいやだったり…。
自分の中で決まっている物事が、
ずれてしまうのが嫌だという気持ちがあるのです。

きれい好きの人は掃除を何度もするかもしれませんが、
一度掃除をすれば本は好きに読みますし、戻す場所にもそんなにこだわりません。
机の上のリモコンを使って、机の反対側の隅に動かしても何ら気にならないのです。

これが、きれい好きと潔癖症の大まかな違いです。

潔癖症は度を越すと精神障害となってしまう場合がある

潔癖症はなんだか悪い障害のように思えますが、
特別問題がある状態ではありません。
しかし、潔癖症が度を越した場合に、精神障害となってしまう場合があるのです。
それが「強迫性障害」のひとつである”不潔恐怖”です。

強迫性障害とは、本当はそんなことはないのに、
自分の中で「○○は××だ!」と思い込んでしまう症状のこと。
あらゆる生活の場面で現れますが、
特に不潔なものに対する不安感を”不潔恐怖”と言います。

不潔恐怖は例えば、自分自身や人が使ったタオルやハンカチ、
公共施設などにあるトイレやお風呂、自分に害をなす特定の人物や、
いじめっ子などに感じます。

実際にその人や物が汚いかどうかは関係なく、
自分の中で汚いものだと判断して変更できなくなっているんです。

そうなると、ハンカチを何枚も持ち歩いたり、一回で捨ててしまうこともあります。
公衆トイレや大浴場には入れませんし、
ドアノブや階段の手すりも怖くて触れなくなることがあるんです。

潔癖症が必ずしも不潔恐怖につながるわけではないのですが、
少なからず影響はあります。

その人自身では気づかないものなので、
家族や周りに潔癖症らしき人がいる場合や、度を越しているなあと感じる場合には、
適切な治療を受けさせてあげることも大切です。

さて話がずれましたが、
きれい好きと潔癖症は悪いことではありません。
病気でも何でもありません。

ひとくくりにして悪いことの様に言わないように、
正しい知識を持ってください。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top