トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

理髪店と美容院の違いをわかりやすく解説します!

スポンサードリンク

街には理髪店、そして美容院がありますが、皆さんは、この理髪店と美容院の違いを明確にご存知でしょうか。

今はこれらの理髪店、美容院を賢く使い分けている人も増えてきているようなんです。
そこで、この理髪店と美容院の違いを分かりやすく解説したいと思います。

まず、理髪店、理容室って聞くと、あまり最近は耳慣れない方もいらっしゃるかもしれませんが、言い変えるとこちらはいわゆる「床屋」さんです。

51d9eda089610ab0facb3dd8457b197f_s

床屋さんと聞くと、女性は行かず、男性が行くお店であるというイメージが浸透していますし、実際に行ったことないという女性もたくさんいらっしゃると思いますが、実は女性が行ってはいけないという決まりは全くないんです。

違いはカミソリを扱えるかどうか

まず、法律で定められている理髪店の定義というのは、「頭髪の刈込み、顔そり等の方法により容姿を整えることと定められています。
その一方で、美容院の定義というのは、「パーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により容姿を美しくすること」と定められています。

ですので、美容院の美容師はカミソリを扱えませんが、理髪店の理容師はカミソリを扱うことが法律で許可されています。

つまり、まずカミソリを扱えるかどうか、という違いがあります。

カミソリを扱えるかどうかが違いますので、国家資格も美容師と理容師は別になっているんです。
つまり、美容院と理髪店の大きな違いといえば、顏を剃れるか剃れないかということなんです。

女性の顏剃りは美容院でもできる

近年法律が変わりまして、女性の顏剃りは美容院で施術しても良いことになりましたが、男性の顔剃りはいまだに理髪店のみとなっています。この顔剃りをしてもらいたいがためにに理髪店に通う方も多いようですね。

違いはさらにいくつかあります。

まず、美容院でのシャンプーは、仰向けが基本となっていますが、理髪店では前かがみになってシャンプーします。

これも大きな違いですよね。
たとえば、髪を洗う場合などは、前かがみのほうがしっかり洗えるそうなのですが、メイクをしている女性が多く訪れたりする美容院などでは顔に水がかからないように、一般的には仰向けのシャンプーとなっています。

b2739a6e74f127791d537e62aee0d881_s

さらに、美容院は最近はトリートメントやヘッドマッサージなども取り入れているところも多いですよね。

また、技術的な面でも違います。
たとえば、シザー(はさみ)の持ち方が違ってきますし、さらにカットの方法も違います。
わかりやすく説明しますと、理髪店ではカットが正確、そしてきっちりとしているイメージですね。きっちりとした髪型にしたいときに向いています。

しかし、これに対して、美容院は質感、そしてニュアンスを大事にするイメージなので、女性向けといえますね。
ですが、女性が理髪店に行ってはいけない、という決まりはないので、一度行ってみても大丈夫なんですよ。

近年は、オシャレな床屋さんもどんどん増えてきており、女性向けに顔のうぶ毛剃りだったり、さらには襟足のうぶ毛処理などをメニューにしているというお店もありますので、ぜひ興味のある方はチェックしてみてくださいね。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top