トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

住宅のプロだけが知っている!リフォーム費用見積もりの取り方

スポンサードリンク

一戸建てに住まれている方にとって、住宅のリフォームというものはつきものですよね。
新築で建てた家であっても、中古住宅で購入した家であってもこうした修繕費というものはかかってきますし、リフォームをしつつ快適に暮らし続けることが必要となってきます。

しかし、こうしたリフォームをするにあたっても、会社選びから、さらには費用などもかかっていますので、見積もりなどをしてもらってどのようにすればいいのか考える必要があります。

そこで、今回は、リフォーム費用の見積もりをどのようにとればいいのか、お得な方法というものをご紹介したいと思います。

109678

ぜひ一戸建てにお住いの方は参考にしてみてくださいね。

見積もりの値段交渉はほどほどに

まず、見積もりを取る際に、値段交渉をされる方は多いと思いますが、この見積もりの値段交渉はほどほどにしておくのが良いとされています。

無理な値引きを要求した場合、適正価格を下回ってまでこういった値引きに応じる会社などもありますが、粗悪品だったり、さらには未熟な職人を使ったりなどをしたり、さらには実際は見積りで使うといったような部材を使わず、工事したりするいわゆる「手抜き工事」というものをされてしまう場合もあるようです。

なので、こうした値引き交渉に応じてくれる会社の実績だったり、さらには誠実さなどを確認することをお勧めしたいと思います。

さらには、リフォームに使う予算ですが、こちらもなるべく正直に伝えることが大切となっています。

出されてきた見積りをベースにして、そして考えている予算というものに調整していくほうがお客様にとっても、さらには相手の会社にとっても効率的に交渉できるということが多いです。

特に複数の会社から見積りを取る場合などは、あえて高い見積りというものを出してくる会社は少ないですので、初めから正直に言っておくことが大切です。

さらに、ほぼ同じ条件で見積もりを依頼したとします。
そして、見積もりに大きな差がある場合などは、高い見積りも安い見積り、どちらも注意が必要です。

極端に安い見積もりの場合は、手抜き工事の心配もありますし、逆に高い見積りの場合は他と比べて高くなっている事などへの説明というものを受けてみるのもいい方法となっていますね。

見積もりは複数の会社から取る

さらに見積もりですが、2〜3社に「相見積もり」というものを取ってみましょう。
最近ではホームページなどで、リフォーム会社を5社ほどリストアップし、そして2・3社に絞り込んで見積り依頼をする方法が良いとされています。

実際の工事をする前には、「現地調査」というものをしてもらうことになりますし、たくさんの会社に頼むとそれだけ面倒な対応というものが増えてしまいます。

いかがでしたか?住宅のリフォームというものは、値引き交渉をしたり、複数の会社に見積もりを出してもらうというのが基本だと思われがちですが、何事もやりすぎというものは禁物です。

きちんと見極めるためにも、極端な値引きをしている会社だったりにも気を付ける必要がありますね。



  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top