トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

ディープラーニングとは?囲碁名人に勝った驚異の深層学習

スポンサードリンク

囲碁名人イ・セドル九段を破ったとして、大きな話題を集めた
囲碁のコンピュータソフト「アルファ碁(AlphaGo)」

これまでチェスや将棋で人間に勝ってきたコンピュータですが、
囲碁だけは無理だと言われてきました。

囲碁は白黒の石しか使わないため、
打ち手が多すぎることから、人間の知能には及ばないと
思われていたからです。

そんな常識を覆したのが、ディープラーニング(深層学習)です。
そこで、その仕組みをわかりやすく解説したいと思います。

プリント

ディープラーニング(深層学習)とは?

ディープラーニングは人間の脳神経回路を
真似することから始まった研究です。

いわゆる人工知能ですね。

人間の脳は神経細胞(ニューロン)のネットワークで成り立っています。
例えば、ある問題が出されたとき、神経細胞同士がつながりあうことで
解決するための処理を行います。

もともとコンピュータは文字や数字の処理はお手の物ですが、
画像認識は苦手でした。

人間は物を見たとき、それが何かであることを認識できますが、
コンピュータに同じ事をやらせるのは、困難でした。

しかし、それを可能にしたのが、
ディープラーニング(深層学習)という技術なのです。

ディープラーニングはどこがディープなのか?

ディープラーニング(深層学習)という命名は、
人間の脳の構図から来ています。

脳の神経細胞(ニューロン)はニューラルネットワークで構成されていますが、
これはおおまかに3つの層に分類されます。
①入力層
②中間層
③出力層

入力されたデータはまず入力層に行き、
中間層と出力層を通ることでデータ処理されます。

その出力結果によって、物事を認識することができるのです。

つまり、こうした一連のデータ処理の過程が深化させることで、
人間は高度な脳機能を保持できています。

これがディープラーニング(深層学習)です。
簡単に言えば、人間の脳機能をコンピュータに模倣させる技術なのです。

パソコンやスマホですでに実用化されている

ディープラーニング(深層学習)の技術は、
すでにパソコンやスマホで使われています。

例えば、パソコンでの画像検索。
東京オリンピックのロゴ盗用問題が発覚したのは、
グーグルなどの検索エンジンで画像検索が簡単にできたためです。

スマホでは、今や音声認識が当たり前になっていますが、
これもディープラーニング(深層学習)が実用化されたものなのです。

囲碁という複雑なゲームで人間を負かした
ディープラーニング(深層学習)の技術。

この先どこまで人工知能は進化するのか?
楽しみでもあり、恐ろしくもありますね。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top