トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

ウエストファリア条約 の意味と意義をわかりやすく解説

スポンサードリンク

現在、世界には様々な国際条約がありますが、
歴史上もっとも古いのが、ウエストファリア条約です。

ウエストファリア条約は17世紀にさかのぼります。
きっかけはヨーロッパで1618年から1648年まで続いた30年戦争です。

all

プロテスタントとカトリックの対立によって起きた
この宗教戦争では大量虐殺が行なわれ、
イギリス、フランス、ドイツ、デンマークなど
ヨーロッパ全土に拡大しました。

この30年にも及んだ宗教戦争を終わらせるために
1648年に結ばれたのが、ウエストファリア条約です。

ウエストファリア条約の意味

条約の内容は膨大なものでした。

・国の主権と外交権の承認
・独立の承認
・賠償金の支払い

ウエストファリア条約では、
他にもたくさんの取り決めが行われましたが、
一言で言えば、
「互いに他国の宗教には干渉しない」というものです。

ウエストファリア条約の意義

いわば、国際秩序が形成される先駆けとなったのが、
ウエストファリア条約なのです。

この条約は現在も守られていて、
例えばイラク戦争では、フセイン政権が崩壊しましたが、
イスラム教自体が批判されることありませんでした。

近代の国際条約の元祖ともいうべきウエストファリア条約。
ぜひ覚えておきましょう。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top