トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

花冷えとは?意味と使い方をわかりやすく解説します

スポンサードリンク

皆さんは、「花冷え」というのをご存知でしょうか?
4月に入り、やっと春になった!と思い、少し暖かさになれ始めたあたりで、突然の冷え込みがああることがありますね。春になったと思っていたら、この寒さにふるえ上がらせることになる、これを花冷えといいます。

サクラが咲くころには、なぜだか、まるで冬にまいもどったように、突然寒くなったり、さらには、冷たい雨が降ったりします。こちらを「花冷え」と呼んでいるんですね。

そこで今回は、この花冷えの意味、そしてこの花冷えの使い方ということなどを、さらに詳しく分かりやすくご紹介したいと思います。

59aaaf3412f3ea70c23a654bd7da3173_s

花冷えの花はサクラ

この花冷えにおいての花はサクラをさします。
まず、桜が咲きはじめ、そしてどんどん暖かくなってきた頃に、思わぬ冷え込みになるということを、花冷え(はなびえ)というのですが、こちらの花冷えは、まず春をあらわす季語の一つとして使われることが多いようです。

なぜ、花冷えというものが起こるのかといいますと、3月末〜4月にかけて、北からの冷たい、高気圧などにおおわれたときなどに天気は良いのに、空気がとても冷たくて、とっても寒い!といったと花冷えになるそうなんです。

これはほぼ毎年のように起こる事象であるとされています。春の天気はもともと安定しないといわれていますが、急に冬型の気圧配置にもどったりすることが多く、この冬型の気圧配置に戻ったときには冬のように寒くなることがあるんですね。

さらには、また、前線が停滞することによって、冷たい雨が降ったりすることもありますし、こういったことで寒くなるといわれています。

「花冷え」というのは、とてもきれいな音の響きで、さらに美しいことばですから、機会があれば、この花冷えということばを使ってみたいですね。

「花冷え」はお手紙で使うのがお勧め

まずは、こちらの花冷えは春の季語なので、色々なシーンで使うことができます。
たとえば、お手紙などで使うことをお勧めします。

たとえば、「花冷えの時節となりましたが、お変わりなくお過ごしでしょうか。時節柄、体調を崩しやすいですので、お風邪などひきませぬよう、どうぞご自愛くださいませ。」といった感じで、使うことができます。

さらには、「花冷えの季節ですが、人間世界にも変化がたくさんある時期ですので、どうぞご自愛くださいませ」といった使い方もできますね。

さらには、「花冷えの候」だったり、「花冷えのころ」、さらには「花冷えの折」なんかでお手紙を始めてみてもいいですね。

この「花冷え」を使って、お好きなようにアレンジすることが可能です。
お手紙なんかで使用して、ぜひ相手の方に、きれいな読後感などを残していくようにしましょうね。

いかがでしたか?春は、天気は不安定だったりするので、こういった花冷えという言葉を使うようですね。ぜひこの言葉の意味を理解して、これから使うようにしてみてくださいね。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top