トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

キャスターとアナウンサーの違いをわかりやすく解説します

スポンサードリンク

ニュース番組等でよく見かける、「アナウンサー」と「キャスター」。
これらの職業は、いずれも自分自身の声を使って人々に情報を届ける仕事です。

同じような役割をこなしているように思えますが、どのような違いがあるのでしょうか。

076526

まずは、アナウンサーについてです。

アナウンサーはテレビ局のアナウンス部に所属する専門職

アナウンサーは、テレビ局のアナウンス部に所属する専門職のサラリーマンです。
主にテレビ番組やラジオ番組で活躍しています。
スタジオで政治や経済、地域などのニュースを報じたり、スポーツの実況を担当したり、バラエティ番組などの司会を務めることもあります。

最近では、番組を特色づける個性派アナウンサーが求められることもあり、フリーアナウンサーとして活躍する人もいて、知性や教養だけでなく、魅力的な人柄や親しみやすさなどのパーソナリティーが重視されるようになっています。

また、女子アナなど各テレビ局で人気アナウンサーや看板アナウンサーが多数存在し、「アナウンサー」のタレント化・アイドル化が進んでいます。

次にキャスターです。

キャスターは解説や論評を加えながら番組を進行させる

キャスターは、「ニュースキャスター」の略語として使われています。

報道番組に出演しニュースを紹介しながら司会・進行する役割の呼称です。
活躍の舞台は主にニュース番組となり、アナウンサーと同様にニュースを報じますが、そこに解説や論評を加えながら番組を進行させる人がキャスターと呼ばれています。

記者、俳優、タレントなど様々な経歴を持った人々がキャスターを勤め、ニュースの原稿を読むだけでなく、自分の考えや意見を述べます。

近年では、ニュース番組で「アナウンサー」が「キャスター」を勤めることも増えてきています。

こう見ていくと、お互いの仕事内容は若干同じところもあるといえます。

しかし、基本的にアナウンサーはニュースのみならず多様な番組で広く「司会」や「情報伝達役」を務めることが多いのに対し、キャスターは正しい情報を伝えることに加え、「自分自身の考えや見立てを述べる」という特徴があります。

キャスターのほうが、よりジャーナリストの要素を持っているといえるでしょう。

テレビやラジオに出るキャスターやアナウンサーは、一見とても華やかな存在に見えます。

しかし、その裏ではコツコツとした努力の積み重ねが必要になります。

「ただ読むだけ」に思える原稿も、正確に、ハッキリとわかりやすく読むためには、相当の訓練を要します。

そして、世の中の動きをとらえる鋭い時代感覚や、好奇心を持っていることも大切です。
一般常識なども理解していなければならないので、日々の勉強が欠かせません。

また、担当番組によっては早朝出勤や長時間勤務が続くこともあり、本番の日は欠勤できないので、人並み以上の体力と自己管理能力が必要な職業です。

どちらの職業も、地道な努力の積み重ねがなければ、やっていくことができない仕事なのです。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top