トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

トランプカードの意味|思わず人に話したくなる豆知識

スポンサードリンク

ババ抜きに、神経衰弱、七ならべなど、様々な遊びで楽しめるトランプカード。
時には占いや手品にも使われたりしますよね。

このとても身近なトランプカードですが、実はそれぞれのカードのマークや枚数に、
意味があったってご存知ですか?

b7ac235694a0e78c865acc3512411d7b_s

どうしてハートとダイヤが赤く、スペードとクラブは黒い?

まず、どうしてハートとダイヤが赤く、スペードとクラブは黒いのか。
この色は1日の太陽を表しています。

赤い色は日の出から日が沈むまでを表し、
黒は日没から次の日の出までを象徴しています。

そしてそれぞれのマークも、地球の季節を表現しているのだとか。
春→クラブ、夏→ダイヤ、秋→ハート、冬→スペード、です。

なぜトランプのカードは13枚?

そしてよくよく考えてみると不思議な、それぞれ13枚という枚数。
こちらは、それぞれの季節が13週あるということを表しています。
またこれらの合計が52枚になり、1年間の季節の巡りとなっているようです。

さらにおもしろいのは、1〜13までの数字をそれぞれ順番に、
次々に足していくと合計で364となり、ジョーカーを含めると365となります。
これは見てわかる通り、1年の日数です。

もう1枚あるジョーカーは、閏年を表していると言われています。

数字やマークにこのような意味があるとわかると、
カードを使った占いなんかも独自で開発していけそうな気がしますね。

しかし、トランプカードの面白さは数字やマークだけではありません。

ジャック、クイーン、キングの意味

11から上の3枚のカードには、ジャック、クイーン、キングが描かれています。
この3人のカードを、マークごとに見比べてみると、また興味深いことに気づかされます。
それが、マークによって3人の顔の向きが異なっているという点です。

・ジャック

11のカード、ジャックを見てみると、
ハートには目を向け、ダイヤには微笑んでいるような顔。
クラブからは目をそらし、どこか厳しい表情。
そして、スペードには完全に目線をそらしているんです。

これは、ジャックが若者ゆえに、愛(ハート)をほしがっており、
お金(ダイヤ)に興味があり、知識欲(クラブ)はあまりなく、
死(スペード)からはまだ目をそらしたい…という思いが描かれている
のです。

マークごとに意味するものに対して、ジャックがどう考えているのかが解るんですね。
若者ゆえに、他の2人よりも変化が大きいのがこのジャックなんです。

・クイーン

12を表すクイーンは、女性らしく一つのマークに対して執着を見せず、
どのカードでも顔の向きは正面に近いです。
愛(ハート)に対しては微笑むような表情なのと、
死(スペード)に対して背を向けている点が特徴的
です。

・キング

13のキングは、王様ゆえにどっしりと構えていて、顔の向きにはそれほど変化がありません。
しかし、お金(ダイヤ)に対してはしっかりとそちらを向いているなど、
権力の象徴には興味津々と言ったところでしょうか。

改めて見てみると、色々な発見ができるトランプカード。
そこに意味があると知るともっと楽しいですね。

お家にあるトランプを見てみてください。
きっと面白い発見が待っています。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top