トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

浪人生必見!2017年度版賢い予備校の選び方と費用

スポンサードリンク

受験に失敗して浪人を余儀なくされたという方もたくさんいらっしゃると思います。
浪人生活はつらいですし、プレッシャーがかかるかもしれませんが、なるべく早く合格して大学生活を送りたいですよね。

そこで、少しでも合格に近づくために予備校選びというものは必須となります。
良い予備校を選ぶことが合格までの近道であり、やはり予備校によっても差があるというのが現実だと思います。

しかし、なかにはどの予備校がいいのかわからない…と悩んでいる人もいらっしゃると思います。
そこで、今回は2015年度版の賢い予備校の選び方というものをご紹介したいと思います。

さらには気になる費用などもご紹介したいと思いますので、ぜひ迷われている方は参考にしてみてくださいね。

浪人をすると予備校は一体どれくらい費用がかかるのでしょうか。
その授業料だったり、予備校選びのポイントについてご紹介したいと思います。

15bf2989b76b3de85302368dadef275e_s

大手予備校の費用は年間40万円〜100万円

まず、1年間予備校の本科生となりますと、現役ではない場合のもので、大手予備校と考えるとまずは費用は年間40万円〜100万円の授業料というものがかかってくるんです。

この授業料には、テキスト代といったものなども含まれているんですね。
さらには、医学系の専門の予備校に通う場合などは、なんと年間150万円〜750万円の授業料というものがかかってくるんですね。

代表的なのは、河合塾、駿台予備校、代々木ゼミナール

そこでどういった予備校があるのかということをご紹介したいと思います。
まず、予備校には、河合塾、駿台予備校、代々木ゼミナールなどの予備校がありますね。

まず、河合塾と言えば、その名も良く知られているのでご存知の方も多い予備校の一つですね。
そして河合塾は現役生のみではなく、大検を受けたいと言う方だったり、さらには浪人生にまで幅広く対応していて、さらには浪人していてもサポートというののを最後までするということがモットーとなっているんですね。

テキストや学校設備などの充実度も、予備校の中でもトップクラスとなっていて、同じ授業が何度もあり、先生を選ぶことができるのが特徴となっています。

駿台予備校は、合格実績も素晴らしく、さらには第一志望を狙ったというカリキュラム立てを行ってくれているようです。

浪人生のクラスにも力を入れており、フォローアップシステムや大学入試センター試験の得点力の向上システムだったり、クラス担任などもあり、様々なサポートが充実しています。

代々木ゼミナールですが、こちらは大学受験科から、医学部受験、芸大・美大受験を目指すといった多様なコースが用意されているのが特徴です。

毎朝9時スタートで、1年間この規則正しいリズムというもので生活することで、ベストな学習リズムというものを確立してくれるんですね。

このように、予備校によって特色などが様々となっています。
さらには予備校によって力を入れているところがすこしずつ違いますので、自分がどういったところを志望しているのか、どういったものを求めているのかをよく考えて選ぶのが良いでしょう。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top